車検どうする

車検受けたいけど、こんな時どうする?

車検受けたいけど、こんな時どうする?記事一覧

税金を滞納していても車検を受ける事はできますか?

毎年4月になると自動車の所有者に自動車税が課せられます。これは自動車を所有する人すべてに課せられている租税で、誰も免れることはできません。自動車税をきちんと納付することで、車を合法的に運転することができます。しかし生活が苦しく、自動車税を納付できないために滞納してしまうということも起こりえます。税金...

≫続きを読む

 

車検の際、税金の領収書を紛失してしまったらどうする?

車検の際に必要な書類に、継続検査用と記載された納税証明書が必要になります。納税は銀行や郵便局、コンビニエンスストアなどで行えますが、支払いを済ませたのちにうっかり破棄してしまった、どこかに挟んで行方が分からなくなってしまい慌てて必死に探した経験のある方もいることでしょう。車検の際に納税証明書を紛失し...

≫続きを読む

 

車検の際によくあるトラブル

本来あってはならないことですが、車検の際にトラブルが発生することがない、とは言い切れません。1番目のケースは車検から戻ってきたら車の調子が悪くなっていた場合です。業者側の整備ミスなのか、それともたまたま故障が車検の時期と重なったのかを判断するのは難しいため、車検時にどのような作業をしたのか確認するこ...

≫続きを読む

 

駐車違反をすると車検に通らない事がある?

駐車違反をすると車検に通らないことがあります。平成18年6月から道路交通法が改正され、車検拒否制度という新たな取り決めが設けられました。これは放置駐車違反をして違反金を滞納し、なおかつ督促を受けた場合は車検に合格しても車検証を交付されなくなるというものです。長い間路上駐車をしていると、車に駐車違反と...

≫続きを読む

 

10万キロを超えて車検を受けるべきか

自動車の寿命で走行距離10万キロというのを耳にしたことのある人もいるかもしれません。実はこの10万キロという目安は、昭和の自動車の品質目標がそのまま平成の世にも受け継がれてしまっていることが関係しています。しかし実際には昭和の時代と比較するとかなり自動車も進化しているため、平成は10万キロを超えても...

≫続きを読む

 

予約なしで車検に自動車を持ち込める?

車検を受けるときに注意してほしいこととして、予約をあらかじめ入れておくことがあります。予約なしでも車検を受けることは可能です。ただし予約なしの場合、予約をしている自動車の車検が優先される傾向があり、どんどん後回しにされる恐れがあります。特に車検で混み合う時期に予約なしで自動車を業者に持っていくと、自...

≫続きを読む

 

車検が近いのにお金がない!どうやって乗り切る?

数か月後にはちょっとしたお金が入ってくる目処は付いてるんだけど、ちょうど今はお金がない、なのに車検が近い・・・。この不景気の時代、そんなことがあっても何の不思議もありません。そんな時、どうやって車検を乗り切ったらいいのでしょうか。一つの方法は、ローンを利用することです。金利が比較的低いマイカーローン...

≫続きを読む

 

車検の見積もりをとる時期は、いつがいい?

車検が近づいてくると、どこの業者に出すか決めるため、車検の見積もりをとることがあるかもしれません。車検の見積もりをとるのに一番いい時期はいつでしょうか。見積もりをとるのがあまり早すぎても、実際に車検を受ける時に状態が違うことも考えられますので何とも言えませんが、基本的には早めのほうがいいでしょう。車...

≫続きを読む

 

車検の見積もり時間は意外と短いもの

車検の時期が近づいてきたので見積もりをと考えていても、あまり時間がないので見積もりに必要な時間がどの程度なのか気になる方もいます。ただ、中には本当に車検の見積もりが必要とは思えず、時間がないから見積もりしなくても良いと考えてしまう方も少なくありません。しかし、見積もりを取っておかないと想定以上の車検...

≫続きを読む

 

車検証を無くすことがあった時の再交付方法は?

車検を受ける際に必要となる書類として、車検証・自動車納税証明書・自動車損害賠償責任保険証明書などがあります。そこで車検を受ける準備として書類を確認した時に、車検証を無くすなど書類の紛失に気付くこともあります。車検証を無くすと車検を受けることができなくて困りますが、それ以上に問題になるのは、紛失に気づ...

≫続きを読む

 

車検を前倒しするメリットは?

車検は通常満了日の1ヵ月前から受けることになっています。新車なら3年後、それ以外は2年に一度車検を受ける必要があるわけですが、1ヵ月前に車検を受けて通れば次の車検満了日が2年後に設定されるわけです。ただこの1ヵ月のうちに車検を受けるというのは余裕があるように思えてなかなか難しい面もあるものです。ほと...

≫続きを読む

 

タイヤはみ出しは車検を通らない?

車検では車の性能や安全性がチェックされます。経年による劣化や故障が運転に問題をもたらさないかどうかを確認するだけでなく、部品や設備が正しく装着され、機能しているかどうかも調べられるのがポイントです。そしてその際には性能面だけでなく部品のサイズや取り付け方が適切かどうかも判断されるのです。小型車に不釣...

≫続きを読む

 

車検が通らない理由

2年に一度受けることになる車検。これをクリアしないことには車に乗り続けることができなくなってしまうので非常に重要です。日ごろ普通に運転してきちんと扱っていればとくに問題はありませんが、場合によっては意外な理由で落ちてしまうケースも見られます。車検が通らない理由の第一に挙げられるのが不具合ですが、この...

≫続きを読む

 

車検に合わせて部品交換される部品とは

車は様々な部品で構成されていますが、定期的な交換が必要な消耗品も少なくはありません。部品交換せず車を使用していると、何らかの故障やトラブルを招いてしまうおそれもあります。また、車検に通らなくなる場合もありますので、こまめな点検が重要と言えるでしょう。車検を受けると業者に部品交換を勧められることもあり...

≫続きを読む

 

車検と同時に名義変更できる?手続き方法は?

誰かから車を譲り受けた場合や、所有者が変わった場合などは、車検証の名義変更手続きが必要になります。手続きを業者に任せることも可能ですが、車検と同時に変更することは可能なのでしょうか。もし車検と一緒に名義の変更を考えている方は、いくつか注意するべき点があります。まず車検と同時に名義変更ができるかどうか...

≫続きを読む

 

車検の度にオイル交換するべき?

車は様々なオイルが使われており、定期的な交換が必要になります。例えばエンジンオイルであれば、5,000kmあるいは6ヶ月に1回のオイル交換が目安とされています。また、他にもブレーキオイルやクラッチオイルなどもあり、これらはいずれも数年に1回の頻度で交換が必要です。しかし、普段は忘れてしまいがちなこと...

≫続きを読む

 

車検切れの車の仮ナンバーを発行する方法と流れ

万が一車検が切れてしまうと公道を走行できなくなります。車検切れの状態で走行すると違反となるため、速やかに車検を受けなくてはいけません。しかし、このままの状態では車を運転できず、ディーラーや整備工場まで車を運べない点に注意が必要です。では、車検切れの車を整備工場まで運ぶにはどうすれば良いのでしょうか。...

≫続きを読む

 

自賠責保険は車検に合わせて更新するべき?

自賠責保険は、別名強制加入保険と呼ばれる保険の種類で、車の所有者全てに加入が義務づけられています。もし未加入の状態(期限切れ含む)で車を運転した場合、無保険運転となり、重い罰則が課せられてしまいます。自賠責保険の保険期間は1年・2年など、ある程度ユーザーが任意に選べるようになっていますが、車は車検に...

≫続きを読む

 

車検と同時に住所変更する方法と必要書類

引越しなどによって住所が変わることは決して珍しくありません。住所が変わった場合は各種届けを出したり、免許証やクレジットカードの住所変更を行うなど、様々な手続きをしないといけませんが、忘れてしまいがちなのが車検証です。引越しから15日以内の変更が定められており、引越し後は早めの手続きが必要です。では、...

≫続きを読む

 

車検でリサイクル券は必要?

2005年1月に施行された自動車リサイクル法は、車のリサイクルに関する要項を盛り込んだ法律です。この法律の施行により、新車を購入する際や車検を受ける際、リサイクル料金を支払うことが義務づけられています。リサイクル料金(預託金)を支払うとリサイクル券が発行され、廃車など一部の手続きを行った場合に料金が...

≫続きを読む

 

海外へ赴任・滞在中に車検を受けるには

海外への赴任や、長期滞在を予定している方にとって、ネックとなるのが車の扱いではないでしょうか。特に長期間海外へ行くことが決まっている場合、滞在中に車検が切れてしまうおそれもあります。もし海外赴任や滞在中に車検を受ける必要がある場合、いくつかの対処法が考えられます。まず考えられるのが、自分以外の誰かに...

≫続きを読む

 

車検で代車を借りたらガソリンは満タンで返却すべき?

車検で代車を借りることは一般的になっています。業者によっては1日で車検が終了しますが、ディーラー車検のように日数がかかる場合も多く、代車を数日利用することも珍しくはありません。代車は車検完了後、自分の車受け取りと同時に返却を行いますが、ここで気になるのがガソリンではないでしょうか。ガソリンを満タンに...

≫続きを読む

 

電気自動車の車検で注意すべき点

ガソリンを消費せず、電気のみで走行する車が電気自動車です。二酸化炭素を排出しないことから環境に優しい車として注目されており、年々技術改良や普及が進んでいます。一般的なガソリン車やハイブリッド車とは異なり、家庭のコンセントで充電すれば走れる点も特徴です。しかし、電気自動車も車に変わりはありませんので、...

≫続きを読む

 

車検費用を安くできるユーザー車検には予約が必要

車検というものは何かとお金がかかるものです。車検手続きに実際にかかる費用は微々たるものですが、同時に払ったり納めたりする必要がある自賠責保険料や自動車重量税があるのでトータルで見るとかなりの金額となります。更にディーラーや整備工場、車検専門店などで行うと車検整備費用とか代行費用とか数万円も余計に払わ...

≫続きを読む

 

オイル交換で助かった!〜車検切れになる前に

日常的にきちんとメンテナンスをしている方ならそもそも車検時期は頭に入っており、車検切れになることはないものです。メンテナンスやいつも頭の中に愛車のことがある方であれば、車検切れを引き起こす確率が低くなります。それはどうしてかというとメンテナンスのために車をいろいろなところに持ち込むことがあるからです...

≫続きを読む

 

車検予約は自動車技術総合機構か軽自動車検査協会

ユーザー車検は費用を抑えることができるというメリットがありますが、その反面すべてを自分で行うことになるので、ある程度の行動力が必要となります。一番厄介なのが、車検場に車を持ち込んで検査ラインを通すことでしょう。予備検は受けたものの自分で整備したところが果たしてきちんと評価されるかどうかは、結果が出る...

≫続きを読む

 

ユーザー車検で不合格の場合はどうする

ユーザー車検は、ほとんどの場合で素人が行うことになりますので、一筋縄にはいかないものです。ヘッドライトの光軸がずれているとか、排気ガスの一酸化炭素濃度、炭化水素濃度が濃いとか、サイドスリップが合わないといったことで不合格を出されてしまうこともあるでしょう。これはプロの整備士が行ったとしても、同じ部分...

≫続きを読む

 

自動車の車検はいつから受けることができるのか

新車を買った時はだいたいの場合、そのディーラーから「車検のお知らせ」といったハガキが送られてきたり、電話がかかってくるので、それに合わせて車検を行えば、見過ごすことはないでしょう。それから一度でも車検専門店などを利用すると次の車検のタイミングで同じように「車検のお知らせ」ハガキが来るのでそれに合わせ...

≫続きを読む

 

どうしても車検を通せない場合は?

車検の時期が来たのに車検を通せない理由には大きく分けて2つのものがあります。お金がなくて車検に出せない車検は単に車のチェックを行うだけでなく、自動車重量税の納税、自賠責保険料の支払いを行うタイミングでもあります。どちらも納税、支払いをしなければ車検を受けることができない仕組みになっているので、同時に...

≫続きを読む

 

自分で車検を通すにはユーザー車検で!

車検を受ける時は一般的にはディーラーにお願いしたり、車検専門店にお願いしたり、指定工場や認定工場として認められた自動車整備工場に出して検査してもらう形をとることが多いですが、そうなると業者に払う手数料や代行料、工賃などが必要となり、車検費用としてどうしても高くなってしまいます。そこでそういった費用を...

≫続きを読む

 

ディーラー車検を行う時に必要なもの

費用はともかく、一番安心して車検を受けることができるのは、やはりディーラーではないでしょうか。新車購入や、定期点検やちょっとした修理などを行うために何回も足を運んでいるところですので、人間的にも安心できますし、仮にも自動車メーカーから認められたディーラーですので、整備の腕も確実でしょう。ディーラーで...

≫続きを読む

 

車検に必要な書類を紛失したらどうする

車検を受けるにはいろいろな書類が必要となりますが、もしそれらの書類をなくしてしまったらどうしたらよいでしょうか。基本的にどれも再発行ができるようになっています。しかし、それぞれに書類は管轄が違いますので申請はそれぞれのところでのやり方で行わなければならず、すぐに発行してくれるところ、それなりに時間の...

≫続きを読む

 

違反金未納で車検拒否される

警察の新しい取り締まり方法として、駐車監視員による放置駐車車両取り締まりというものがあります。これは警察官ではなく、早い話外注した人間に特権を与えて、その人間によって駐車違反の取り締まりを行おうというものですが、この取り締まりではそれまでのようにいきなり反則金と反則点数が加算されるのではなく、放置違...

≫続きを読む

 

車検が通らない車はどうする

車検に出したはいいが、車検に出した業者から車検を通すことができないといわれることがあります。車検が通らない車にはいろいろな理由がありますが、ほとんどの場合は車体が保安基準に適合していないことによるものとなります。車検に通らない車体車検を通す・通さないの判断は、保安基準というものに照らし合わせて行われ...

≫続きを読む

 

ユーザー車検をするなら予備検査もうけよう

ユーザー車検は何から何まで自分で行うやり方で知識や技術が問われるわけですが、すべてにおいて自分で行うわけではなく、一部人の手を借りて確認作業をすることもできるような仕組みが設けられています。安心のための予備検査ユーザー車検はとりあえず自分で納得のいく形で整備を行い、これなら絶対に検査ラインで引っかか...

≫続きを読む

 

車検に必要な継続検査申請書

車検は国が行うシステムであるため、いろいろな様式の書類を作成する必要があります。その中のメインとなる書類が継続検査申請書というものです。この書類は継続検査用の書類ですので、新車購入から3年目以降の継続車検の時に必要となります。ディーラーや車検専門店などで車検を行う場合は業者側がすべて作成してくれるの...

≫続きを読む

 

車検の時の代車返却マナー

1日車検など短時間で車検を受けることができる世の中になりましたが、重大な故障があるとか、トラブルが出ているということで車検をクリアできない場合があります。ディーラーや整備工場などに出した時によくあるのですが、車検の手続きや車検整備に関してはそれこそ即日対応できても、こういった修理にかかる時間、あるい...

≫続きを読む

 

予約なしでユーザー車検を受けられるか?

自分で車を運輸支局に持ち込んで検査を受けるのがユーザー車検。いろいろと手間がかかるのは事実ですが、そのかわり業者に依頼する場合に比べてはるかに安い料金で済ませることができます。ディーラーに依頼する場合に比べると半額以下で受けることができるでしょう。経済的な事情で代金を確保するのが厳しい、という方は検...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
基礎知識 こんな時は? 費用 支払い どこで受ける?