車検受けたいけど、こんな時どうする?記事一覧

毎年4月になると自動車の所有者に自動車税が課せられます。これは自動車を所有する人すべてに課せられている租税で、誰も免れることはできません。自動車税をきちんと納付することで、車を合法的に運転することができます。しかし生活が苦しく、自動車税を納付できないために滞納してしまうということも起こりえます。税金を滞納している場合、車検を受けることができるのか疑問に持つ方もいるかもしれませんが、税金を滞納してい...

車検の際に必要な書類に、継続検査用と記載された納税証明書が必要になります。納税は銀行や郵便局、コンビニエンスストアなどで行えますが、支払いを済ませたのちにうっかり破棄してしまった、どこかに挟んで行方が分からなくなってしまい慌てて必死に探した経験のある方もいることでしょう。車検の際に納税証明書を紛失してしまうと検査が行なえませんから、車検までに探しておく必要があります。しかし誤って紛失してしまった場...

本来あってはならないことですが、車検の際にトラブルが発生することがない、とは言い切れません。1番目のケースは車検から戻ってきたら車の調子が悪くなっていた場合です。業者側の整備ミスなのか、それともたまたま故障が車検の時期と重なったのかを判断するのは難しいため、車検時にどのような作業をしたのか確認することが必要になります。車検整備で部品交換をした部分、もしくは整備士が調整を行なった部分が故障の原因なら...

駐車違反をすると車検に通らないことがあります。平成18年6月から道路交通法が改正され、車検拒否制度という新たな取り決めが設けられました。これは放置駐車違反をして違反金を滞納し、なおかつ督促を受けた場合は車検に合格しても車検証を交付されなくなるというものです。長い間路上駐車をしていると、車に駐車違反と書かれた黄色のステッカーを張り付けられます。本来は運転者が警察署に出頭し反則金を支払わなければなりま...

自動車の寿命で走行距離10万キロというのを耳にしたことのある人もいるかもしれません。実はこの10万キロという目安は、昭和の自動車の品質目標がそのまま平成の世にも受け継がれてしまっていることが関係しています。しかし実際には昭和の時代と比較するとかなり自動車も進化しているため、平成は10万キロを超えてもまだまだ十分走行できる車種もたくさんあります。今の時代20万キロくらいが自動車の寿命と言われています...

車検を受けるときに注意してほしいこととして、予約をあらかじめ入れておくことがあります。予約なしでも車検を受けることは可能です。ただし予約なしの場合、予約をしている自動車の車検が優先される傾向があり、どんどん後回しにされる恐れがあります。特に車検で混み合う時期に予約なしで自動車を業者に持っていくと、自動車が手元に届くまでにそれなりの時間がかかります。ちなみに車検の自動車が多く持ち込まれるのは、年間通...

数か月後にはちょっとしたお金が入ってくる目処は付いてるんだけど、ちょうど今はお金がない、なのに車検が近い・・・。この不景気の時代、そんなことがあっても何の不思議もありません。そんな時、どうやって車検を乗り切ったらいいのでしょうか。一つの方法は、ローンを利用することです。金利が比較的低いマイカーローンは、車の購入だけでなく修理や車検など車関係の出費に使用しても問題ありません。マイカーローンに比べると...

車検が近づいてくると、どこの業者に出すか決めるため、車検の見積もりをとることがあるかもしれません。車検の見積もりをとるのに一番いい時期はいつでしょうか。見積もりをとるのがあまり早すぎても、実際に車検を受ける時に状態が違うことも考えられますので何とも言えませんが、基本的には早めのほうがいいでしょう。車検は、有効期間満了日の1か月前から受けることができますので、それよりも前に見積もりをとり始めるとよい...

車検の時期が近づいてきたので見積もりをと考えていても、あまり時間がないので見積もりに必要な時間がどの程度なのか気になる方もいます。ただ、中には本当に車検の見積もりが必要とは思えず、時間がないから見積もりしなくても良いと考えてしまう方も少なくありません。しかし、見積もりを取っておかないと想定以上の車検費用がかかってしまうことがありますし、その費用が妥当なのかの判断もできません。また、整備項目や部品交...

車検を受ける際に必要となる書類として、車検証・自動車納税証明書・自動車損害賠償責任保険証明書などがあります。そこで車検を受ける準備として書類を確認した時に、車検証を無くすなど書類の紛失に気付くこともあります。車検証を無くすと車検を受けることができなくて困りますが、それ以上に問題になるのは、紛失に気づかず車に乗っていると道路交通法違反になって減点や罰金などの罰則を受ける事になることです。では、このよ...

車検は通常満了日の1ヵ月前から受けることになっています。新車なら3年後、それ以外は2年に一度車検を受ける必要があるわけですが、1ヵ月前に車検を受けて通れば次の車検満了日が2年後に設定されるわけです。ただこの1ヵ月のうちに車検を受けるというのは余裕があるように思えてなかなか難しい面もあるものです。ほとんどの方は土日に限定されてしまいますし、それさえも仕事の都合で確実に休みをとれるとは限らない人も少な...

車検では車の性能や安全性がチェックされます。経年による劣化や故障が運転に問題をもたらさないかどうかを確認するだけでなく、部品や設備が正しく装着され、機能しているかどうかも調べられるのがポイントです。そしてその際には性能面だけでなく部品のサイズや取り付け方が適切かどうかも判断されるのです。小型車に不釣合いに大きな部品が取り付けられている場合、部品が尖っていたりはみ出したりしていて何らかの問題をもたら...

2年に一度受けることになる車検。これをクリアしないことには車に乗り続けることができなくなってしまうので非常に重要です。日ごろ普通に運転してきちんと扱っていればとくに問題はありませんが、場合によっては意外な理由で落ちてしまうケースも見られます。車検が通らない理由の第一に挙げられるのが不具合ですが、この点は問題外なので除外してもよいでしょう。注意したいのはパーツを交換した場合です。もともとのメーカーと...

車は様々な部品で構成されていますが、定期的な交換が必要な消耗品も少なくはありません。部品交換せず車を使用していると、何らかの故障やトラブルを招いてしまうおそれもあります。また、車検に通らなくなる場合もありますので、こまめな点検が重要と言えるでしょう。車検を受けると業者に部品交換を勧められることもありますが、どの部品を交換すれば良いのでしょうか。車検と同時に交換されることが多いのがエンジンオイルとフ...

誰かから車を譲り受けた場合や、所有者が変わった場合などは、車検証の名義変更手続きが必要になります。手続きを業者に任せることも可能ですが、車検と同時に変更することは可能なのでしょうか。もし車検と一緒に名義の変更を考えている方は、いくつか注意するべき点があります。まず車検と同時に名義変更ができるかどうかは、業者によって対応が変わります。ユーザー車検であれば同時変更も不可能ではありませんが、ディーラーや...

車は様々なオイルが使われており、定期的な交換が必要になります。例えばエンジンオイルであれば、5,000kmあるいは6ヶ月に1回のオイル交換が目安とされています。また、他にもブレーキオイルやクラッチオイルなどもあり、これらはいずれも数年に1回の頻度で交換が必要です。しかし、普段は忘れてしまいがちなことから、車検の際にまとめてオイル交換をする方も少なくはありません。では、車検を受ける度にオイル交換をす...

万が一車検が切れてしまうと公道を走行できなくなります。車検切れの状態で走行すると違反となるため、速やかに車検を受けなくてはいけません。しかし、このままの状態では車を運転できず、ディーラーや整備工場まで車を運べない点に注意が必要です。では、車検切れの車を整備工場まで運ぶにはどうすれば良いのでしょうか。もし車検切れになった場合、仮ナンバーを利用すれば問題ありません。仮ナンバーとは期限が定められた仮のナ...

自賠責保険は、別名強制加入保険と呼ばれる保険の種類で、車の所有者全てに加入が義務づけられています。もし未加入の状態(期限切れ含む)で車を運転した場合、無保険運転となり、重い罰則が課せられてしまいます。自賠責保険の保険期間は1年・2年など、ある程度ユーザーが任意に選べるようになっていますが、車は車検に合わせて初回は3年か37ヶ月、2回目以降の場合は2年か25ヶ月加入とするのが一般的です。車検とは異な...

引越しなどによって住所が変わることは決して珍しくありません。住所が変わった場合は各種届けを出したり、免許証やクレジットカードの住所変更を行うなど、様々な手続きをしないといけませんが、忘れてしまいがちなのが車検証です。引越しから15日以内の変更が定められており、引越し後は早めの手続きが必要です。では、引越しと車検の時期が重なった場合、同時に住所変更することは可能なのでしょうか。実は車検を受けると同時...

2005年1月に施行された自動車リサイクル法は、車のリサイクルに関する要項を盛り込んだ法律です。この法律の施行により、新車を購入する際や車検を受ける際、リサイクル料金を支払うことが義務づけられています。リサイクル料金(預託金)を支払うとリサイクル券が発行され、廃車など一部の手続きを行った場合に料金が返還されます。リサイクル券は、リサイクル料金を支払ったことの証明書となる書類です。保管が重要な書類で...

海外への赴任や、長期滞在を予定している方にとって、ネックとなるのが車の扱いではないでしょうか。特に長期間海外へ行くことが決まっている場合、滞在中に車検が切れてしまうおそれもあります。もし海外赴任や滞在中に車検を受ける必要がある場合、いくつかの対処法が考えられます。まず考えられるのが、自分以外の誰かに車検を受けてもらうことです。車検は本人でなくとも受けることが可能なため、家族や友人・知人へ依頼すると...

車検で代車を借りることは一般的になっています。業者によっては1日で車検が終了しますが、ディーラー車検のように日数がかかる場合も多く、代車を数日利用することも珍しくはありません。代車は車検完了後、自分の車受け取りと同時に返却を行いますが、ここで気になるのがガソリンではないでしょうか。ガソリンを満タンにして返却するべきか、それとも空の状態でも問題はないのかと、悩む方は意外と多くいます。もし車検で代車を...

ガソリンを消費せず、電気のみで走行する車が電気自動車です。二酸化炭素を排出しないことから環境に優しい車として注目されており、年々技術改良や普及が進んでいます。一般的なガソリン車やハイブリッド車とは異なり、家庭のコンセントで充電すれば走れる点も特徴です。しかし、電気自動車も車に変わりはありませんので、定期的な車検を受ける必要があります。電気自動車の車検内容は、一般的なガソリン車などとほとんど一緒です...

車検というものは何かとお金がかかるものです。車検手続きに実際にかかる費用は微々たるものですが、同時に払ったり納めたりする必要がある自賠責保険料や自動車重量税があるのでトータルで見るとかなりの金額となります。更にディーラーや整備工場、車検専門店などで行うと車検整備費用とか代行費用とか数万円も余計に払わなければなりません。10万円以上は当たり前といった中で出来るだけ少ない費用で車検を受けようとする時に...

日常的にきちんとメンテナンスをしている方ならそもそも車検時期は頭に入っており、車検切れになることはないものです。メンテナンスやいつも頭の中に愛車のことがある方であれば、車検切れを引き起こす確率が低くなります。それはどうしてかというとメンテナンスのために車をいろいろなところに持ち込むことがあるからです。車検時期を教えてくれる車検時期はオーナーがきちんと管理していなければいけないことなのですが、ついう...

ユーザー車検は費用を抑えることができるというメリットがありますが、その反面すべてを自分で行うことになるので、ある程度の行動力が必要となります。一番厄介なのが、車検場に車を持ち込んで検査ラインを通すことでしょう。予備検は受けたものの自分で整備したところが果たしてきちんと評価されるかどうかは、結果が出るまで分かりません。検査ラインがある車検場は、お役所仕事ですので日曜祭日はお休みで時間もだいたい8時4...

ユーザー車検は、ほとんどの場合で素人が行うことになりますので、一筋縄にはいかないものです。ヘッドライトの光軸がずれているとか、排気ガスの一酸化炭素濃度、炭化水素濃度が濃いとか、サイドスリップが合わないといったことで不合格を出されてしまうこともあるでしょう。これはプロの整備士が行ったとしても、同じ部分で不合格が出されることもあるぐらいですので、素人では出ても当たり前ともいえるでしょう。不合格になった...

新車を買った時はだいたいの場合、そのディーラーから「車検のお知らせ」といったハガキが送られてきたり、電話がかかってくるので、それに合わせて車検を行えば、見過ごすことはないでしょう。それから一度でも車検専門店などを利用すると次の車検のタイミングで同じように「車検のお知らせ」ハガキが来るのでそれに合わせればいいでしょう。問題は中古車販売店や個人売買で中古車を買った時や友人から譲り受けた時、そしてユーザ...

車検の時期が来たのに車検を通せない理由には大きく分けて2つのものがあります。お金がなくて車検に出せない車検は単に車のチェックを行うだけでなく、自動車重量税の納税、自賠責保険料の支払いを行うタイミングでもあります。どちらも納税、支払いをしなければ車検を受けることができない仕組みになっているので、同時に納税や加入を行うことになりますが、その金額は相当なものでこれがネックになって車検に出せないという方も...

車検を受ける時は一般的にはディーラーにお願いしたり、車検専門店にお願いしたり、指定工場や認定工場として認められた自動車整備工場に出して検査してもらう形をとることが多いですが、そうなると業者に払う手数料や代行料、工賃などが必要となり、車検費用としてどうしても高くなってしまいます。そこでそういった費用を省いて、できるところは自分でやって安く上げようというのがユーザー車検です。ちょっと難しいユーザー車検...

費用はともかく、一番安心して車検を受けることができるのは、やはりディーラーではないでしょうか。新車購入や、定期点検やちょっとした修理などを行うために何回も足を運んでいるところですので、人間的にも安心できますし、仮にも自動車メーカーから認められたディーラーですので、整備の腕も確実でしょう。ディーラーで車検を受ける時にもっていくものディーラーで車検を受けるからといって特別何かが必要というわけではありま...

車検を受けるにはいろいろな書類が必要となりますが、もしそれらの書類をなくしてしまったらどうしたらよいでしょうか。基本的にどれも再発行ができるようになっています。しかし、それぞれに書類は管轄が違いますので申請はそれぞれのところでのやり方で行わなければならず、すぐに発行してくれるところ、それなりに時間のかかるところというものがありますので、何にしても早い段階から動き出さなければ間に合わなくなる可能性が...

警察の新しい取り締まり方法として、駐車監視員による放置駐車車両取り締まりというものがあります。これは警察官ではなく、早い話外注した人間に特権を与えて、その人間によって駐車違反の取り締まりを行おうというものですが、この取り締まりではそれまでのようにいきなり反則金と反則点数が加算されるのではなく、放置違反金という駐車違反に対する違反金を納めれば、反則点数は加点されず、更に違反したことにならないという仕...

車検に出したはいいが、車検に出した業者から車検を通すことができないといわれることがあります。車検が通らない車にはいろいろな理由がありますが、ほとんどの場合は車体が保安基準に適合していないことによるものとなります。車検に通らない車体車検を通す・通さないの判断は、保安基準というものに照らし合わせて行われます。保安基準で指定された形状、寸法、許容範囲から少しでも逸脱すると車検を通すことができません。過去...

ユーザー車検は何から何まで自分で行うやり方で知識や技術が問われるわけですが、すべてにおいて自分で行うわけではなく、一部人の手を借りて確認作業をすることもできるような仕組みが設けられています。安心のための予備検査ユーザー車検はとりあえず自分で納得のいく形で整備を行い、これなら絶対に検査ラインで引っかからないぞといった意気込みをもって車検場に出向くことになりますが、中にはちょっと自信がないとか誰か車検...

車検は国が行うシステムであるため、いろいろな様式の書類を作成する必要があります。その中のメインとなる書類が継続検査申請書というものです。この書類は継続検査用の書類ですので、新車購入から3年目以降の継続車検の時に必要となります。ディーラーや車検専門店などで車検を行う場合は業者側がすべて作成してくれるので、オーナーが用意して作成する必要はありませんが、ユーザー車検ではこういった書類作成も含めて、すべて...

1日車検など短時間で車検を受けることができる世の中になりましたが、重大な故障があるとか、トラブルが出ているということで車検をクリアできない場合があります。ディーラーや整備工場などに出した時によくあるのですが、車検の手続きや車検整備に関してはそれこそ即日対応できても、こういった修理にかかる時間、あるいは部品が入ってくる時間を待たされることになる場合もあります。こうなってしまうと毎日通勤に車を使ってい...

自分で車を運輸支局に持ち込んで検査を受けるのがユーザー車検。いろいろと手間がかかるのは事実ですが、そのかわり業者に依頼する場合に比べてはるかに安い料金で済ませることができます。ディーラーに依頼する場合に比べると半額以下で受けることができるでしょう。経済的な事情で代金を確保するのが厳しい、という方は検討してみる価値があります。ただ注意が必要なのが事前に予約を入れておくことです。いきなり当日に運輸支局...

車検は事前に予約を入れたうえで日時を決めて受けるのが原則です。これは自分で行うユーザー車検でも、ディーラーや整備工場といった業者に依頼する場合でも同様です。30日前から予約を受け付けているところが多く、早めに予定を決めておけばおくほど自分が希望する日時に検査を受けることができます。ただなかなか予定が決まらないという方も多いはず。日ごろ車をよく利用する人の場合、1日使えないだけでも不便が生じてしまい...

車検にはいつ出せばよいのか?当然のことながら前回の検査の期限が切れる前までが大前提です。期限が切れてしまった車は公道を走らせることができないため、検査を受けるとなるとレッカー移動が必要になるなどお金と手間がかかってしまいます。では満了日前のいつごろがよいのか?まずひとつの目安となるのが30日前。それ以前に受けることも可能ですが、次の満了日が前倒しになってしまうのでオススメできません。つまり30日前...

車検に出したけど通らなかった!これはまさに悪夢の展開といってもよいでしょう。とくに満了日ギリギリに検査に出して通らなかったとなると車を使えなくなってしまいます。とくに自分で検査に出す際にはこの点のことも頭に入れたうえで計画と準備を進めていく必要がありそうです。業者に依頼した場合は?通らないとどうなるのか?まず整備工場やディーラーに依頼した場合を見るとまずそもそも通らないというのが「ありえない」話で...

車検は通常ディーラーや整備工場といったプロに依頼して行います。プロがしっかり整備・部品の交換などを行ったうえで検査を受けるのでまず問題なく通るのですが、その分お金がかかります。サービスが充実していればいるほど料金が高くなるのは当然で、7万〜10万円くらいは必要です。そのためできるだけお金をかけたくない、という場合には基本的な部分はすべて自分で行うという方法もあります。こうした自分でやる方法をユーザ...

車検はどれぐらい前から受けることができるのか?期日までに検査を受けてクリアしないとその車に乗ることができなくなってしまいますし、期日が過ぎた後で運転できなくなってしまった車を検査に出すとなるといろいろと面倒になってしまうもの。そんな検査に出す期間は期日の30日前というのが原則です。これは有効期限と深いかかわりがあります。基本的には期日内ならいつでも検査を受けてもよいのですが、有効期間は検査を受けた...

車検は期日満了日までに通さないとその車に乗ることができなくなってしまいます。ただなかなか仕事の都合などもあって検査に出す日を決めるのが難しいもの、通勤などで自分の車を使っている場合はなおのこと。しかし週末や月末、さらに年度末の3月といった時期に検査に出そうとすると早い段階で予約が埋まってしまっていることが多く、なかなか依頼できる業者が見つからずに四苦八苦してしまうことも少なくありません。ですから予...

自分で車検を受けようと思った場合にはすべての行程を自分で行う必要があります。整備工場やディーラーに依頼した場合には整備はもちろん、検査を受ける作業まですべて代行してくれるわけですが、自分で行う場合には検査を受けるためにあらかじめ予約を入れておかなければなりません。いきなり車で乗り込んで「検査してください」とお願いするようなやり方は当然のことながら通用しません。ではどのような手続きが必要なのか?はじ...

車検は自分で受けると諸経費を安く抑えることができます。ただその一方で手続きなどもすべて自ら行う必要があるので手間がかかるデメリットもあるため、実際にセルフで行う場合にはどんな手続きが必要なのか、どんな点に注意したほうがよいのか、事前によく確認しておく必要があります。その中でも注意した移転の一つが車検証の再発行です。車検を受けてもこの再発行を受けなければ意味がありません。整備工場やディーラーに依頼し...

車を所有して運転するうえでは責任も伴います。日ごろからきちんと整備し、安全運転をする義務があり、万一事故などを起こしてしまった場合には責任をとる必要があります。車検もそうした車の所有者に求められる義務と責任の一端ですから、当然検査を受けるときには自分で直接申請するのが大原則です。日ごろ好きなだけ車を運転しておきながら検査のときだけ面倒だとほかの人に代わってもらう、というのはちょっと無責任といわざる...

車を法律に乗っ取って安全に乗る為にはいくつかのハードルをクリアしなければなりません。毎日車を乗る前には運行前点検を行い、12か月点検、24か月点検を行い、車検を受ける、といったハードルです。今回は、その車検というハードルをなるべく簡単にクリアしてしまおう、というお話しです。最低限車検を通すだけ、と言ってもチェックすることは結構あるようです。例えば、各種ライト、窓の傷、ワイパー、スピードメーター、オ...

車検の期限は、多くの自動車ユーザーにとっては車の買い替えを検討するタイミングとなります。しかし、車検を通さずに買い替えを行うか、車検を通して乗り続けるか、そのどちらがメリットあるのか、なかなか悩みどころです。今回は車検のタイミングで車を買い換える場合、車検を通して同じ車に乗り続ける場合のメリット・デメリットを考えてみます。

車検の際に、業者からクーラント液の交換を勧められることがしばしばありますが、クーラント液とは何なのか、わからないという方も多いのではないでしょうか。ここではクーラント液と、交換時期について説明します。

自動車税とは自治体に納める税金で、毎年5月に自動車税納税証明書が発行されて自宅に郵送される仕組みとなっています。これは自動車を所有している人にかかる税金で、どの市町村に住んでいてもかかる料金は同じで、軽自動車なら7,200円、普通自動車はエンジン排気量によって29,500円〜111,000円となります。緑色をしたハガキのような納税証明書が自宅に届くのが毎年5月ぐらいなので、それを持ってコンビニや金...

ガソリンスタンドやカーショップなどを含めて業者へ依頼する場合には、車検に通らないという事態は殆どありません。その理由は、業者はあらかじめ整備や点検を行い、どこがどんな基準で検査されるのかを知り尽くしているからです。そのため、整備点検に通らないと思われる状態の自動車は、あらかじめ整備を行って点検に通る状態にしてから検査場へ持ち込みます。だから、業者に依頼したのに通らなかったと言われてしまったという事...

ディーラーなどで自動車を購入した場合には、車検の有効期限が満了となる1カ月前より少し前ぐらいの時期に、お知らせを受け取ることがあるかもしれません。しかし、それはディーラーなどのショップが独自に行っているサービスの一環なので、陸運局や自治体、また購入したカーショップなどからお知らせが必ず来るというわけではありません。そのため、お知らせが来ないからまだ大丈夫だろうと安心しているうちに、気づいた時には切...

トップへ戻る