車検の際、税金の領収書を紛失してしまったらどうする?

車検の際に必要な書類に、継続検査用と記載された納税証明書が必要になります。

 

納税は銀行や郵便局、コンビニエンスストアなどで行えますが、支払いを済ませたのちにうっかり破棄してしまった、どこかに挟んで行方が分からなくなってしまい慌てて必死に探した経験のある方もいることでしょう。

 

車検の際に納税証明書を紛失してしまうと検査が行なえませんから、車検までに探しておく必要があります。

 

しかし誤って紛失してしまった場合に、納税証明書を再発行してもらうことができます。

 

ディーラーや整備工場に依頼する場合は、再発行の手続きを代行してもらうことができます。

 

もちろん自分で再発行の手続きをとることも可能です。

 

軽自動車と普通自動車により出向く場所が異なります。

 

軽自動車の場合は市役所か町村役場の税務窓口に出向き再発行の手続きを取ります。

 

この時に車検証を持参すると手続きがスムーズです。

 

印鑑も持参してください。

 

必要事項を所定の用紙に記入することで再発行がその場で行なえます。

 

普通乗用車の場合ですが、乗用車は都道府県の各財務事務所に出向くことになります。

 

軽自動車の場合と同様に、車検証と印鑑を持参します。

 

窓口で渡される用紙に必要事項をもれなく記入すればすぐに発行されます。

 

手続きが面倒な場合は、他の都道府県に転勤などで転居した後に再発行手続きをするときです。

 

この場合は自動車税を納めた都道府県での発行手続きとなるため、車検証の写しを送ることになります。

トップへ戻る