車検を受けない、忘れた記事一覧

車検というものは与えられた期限の間だけ公道を走る権利を受けるようなものです。ですので、車検期間を過ぎた車、いわゆる車検切れとなってしまった車は、ガレージや駐車場から出て、公道を走ることを一切許されません。ただ、車検切れとなっても再度手続きを行い、車検を受けてそれをクリアできればまた問題なく公道を走ることができますので、すぐにディーラーや整備工場に電話を入れたり、ユーザー車検の場合は車検の予約を取っ...

車検は決められた期日までに受ける義務があります。もしうっかりミスで車検切れになってしまうと、その自動車を公道で走らせることはできなくなります。もし引き続きその自動車を使用したいのであれば、車検を通す必要があります。しかし車検切れになると自動車を動かせません。そこで仮ナンバーを取得する必要があります。仮ナンバーを取得するためには、皆さんの住んでいる市区町村役場で所定の手続きをします。この時運転免許証...

車検期間が切れた状態で公道を走ることは違反になります。違反といっても信号無視とかスマートフォンの注視といったものと同じように道路交通法違反ということではなく、法律に触れる立派な犯罪です。車検切れ車の公道運転の罰則車検切れ車の公道運転は道路交通法における無車検走行、道路運送車両法、自動車損害賠償保障法の3つの法律に違反することになります。罰則は無車検運行ということで反則点数6点、最低でも30日の免許...

新車であれば3年後、中古車や2回目の車検は2年後にやってきます。通常車検の時期に関しては車検証に明記されていますし、自動車を購入した業者でも時期が近づくとハガキや電話などを使って通知してくれます。このため、普通に日常生活で自動車を運転している人で、うっかり車検に出すのを忘れてたという事態が起きることはまれでしょう。しかし何らかの問題で、うっかり車検を忘れていた結果、車検切れになってしまった場合には...

車検は国が定める法律に則って行われることで、その内容も時間的なものもほとんど融通が利きません。特に車検満了期限というものは非常に厳しく、一日たりともオーバーしてはいけないことになります。6月1日に車検満了を迎える場合、6月1日の23時59分までは公道を走れますが、それ以降は車検を受けていないと公道を走ることが許されません。たとえ車で家を出発したのが6月1日の23時でも、日をまたぎ6月2日に渡って運...

車検というものは法律で定期的に受けてそれに合格しなければならないことになっています。なのに、車検受けなかったらどうなるかということですが、間違いなく不利なことが起こることになるでしょう車検を受けないとこうなる車検はそもそも公道を走るために権利を得る作業のようなものですから、車検を受けないと車検満了日以降はその車を公道で走らせることはできません。走らせることができないだけでなく、公道上に出すことも許...

まず車検は強制、必須ではないという事を頭に入れておいてください。車検を受けたくなければ受けなくてもいいですし、受けたかったら受ければいいだけのことです。しかし、公道を走るという目的があり、登録をしている場合は話は別です。車検を受けて自動車重量税を納めて、自賠責保険料を払って、公道を走る権利を得なければなりません。ですからこの場合は必須です。車検を受けないということは公道を走れないということ車を購入...

「あっ!まずい、車検が切れちゃった!」もしこういったことになってしまったらどうしますか。間違ってもディーラーに連絡を入れて、明日の車検の予約を入れてはいけません。なぜなら車検が切れた車で公道を走ってはいけないからです。もしその車で公道を走り、フロントウィンドウに貼られている車検票で車検が切れているのがバレて、警察に止められたら最後、最低でも免停、そして反則金ではなく何十万円もの罰金刑も科されてしま...

これは厳密に言えば違反になる・ならないではなく、検挙される・されないの違いと理解してください。交通違反というのは、警察官に見つかっても見つからなくても違反は違反です。ドライバーはそういったことを言ってはいけないのですが、現実的には見つかって違反切符を切られて違反と判断することが多いので、ここではそういった意味で話をすすめます。まず車検切れで公道を走ると道路交通法、道路運送車両法、自動車損害賠償保障...

車検の期限は、フロントガラスに貼られたシールや車検証を確認するとわかります。期限内に車検を通すことが原則ですが、さまざまな理由から期日までに車検を通すことが難しいと言うことも起こりえます。実は、手続きをすることで、車検の有効期限をわずかですが延長させることが可能になる制度があります。期限までにどうしても車検を通せそうになくて困っている方は、参考にしてみてください。

自動車には、消耗品と呼ばれるパーツがたくさん装備されていて、走行距離が多くなったり年式が古くなったりしてくると、こうしたパーツの交換が必要となります。走行距離が10万キロを超えると車検費用が高くなるとか、10年を過ぎると車検に通りにくくなると言われているのはそのためで、必ずしもこうした条件の自動車が車検に通らないというわけではありません。車検に通るための整備や部品交換などの作業が多く必要になるため...

トップへ戻る