車検切れは、反則ではなく犯罪です

車検切れ,罪

車検期間が切れた状態で公道を走ることは違反になります。

 

違反といっても信号無視とかスマートフォンの注視といったものと同じように道路交通法違反ということではなく、法律に触れる立派な犯罪です。

 

 

車検切れ車の公道運転の罰則

 

車検切れ車の公道運転は道路交通法における無車検走行、道路運送車両法、自動車損害賠償保障法の3つの法律に違反することになります。

 

罰則は無車検運行ということで反則点数6点、最低でも30日の免許停止処分という行政処分の他に6ヶ月以下の懲役か30万円以下の罰金、車検が切れているということは自賠責保険も切れていることがほとんどですので、併せて反則点数6点、1年以下の懲役か50万円以下の罰金となります。

 

これらすべての罰則を受けることになると、最低でも90日以上の免許停止処分と1年6ヶ月以下の懲役、あるいは80万円以下の罰金となります。

 

行政処分はよくある交通違反と同じですが、反則金ではなく、罰金刑か懲役刑となるので逮捕されると犯罪者ということになり、前科が付くことになります。

 

 

無車検運転は認識していることが条件

 

無車検運転は、仮についうっかり車検が切れていることを知らずに運転してしまった場合はその場では検挙されません。

 

これはこの違反行為が過失を認めているからです。

 

要するに車検が切れている事実に気が付いていない場合は注意だけで済むということです。

 

逆に言えば車検が切れていることを知ったうえで運転した場合はその場で手錠がかけられるということですが、たとえばその場は何とか逮捕されないで済んだとしても、そこで注意を受けて車検が切れているという事実を知ってしまったわけですから、既に過失ではなく認識しているということになりますので、出先だとしてもそこからその車を走らせることはできません。

 

そういう場合はキャリアカーやレッカー車の手配をして、それに載せて運搬してもらうことになり、お金も手間もかかってしまいます。

トップへ戻る