車検の基礎知識記事一覧

自動車のフロントガラスには、次回の車検満了日が印刷された小さなシールが貼られています。このシールは検査標章と呼ばれ、フロントガラスに必ず貼り付けることが、法律で義務付けられています。もしこのシールを貼らずに運転すると法令違反となり、50万以下の罰則を受けることになります。新車の場合は登録日から数えて3年後、それ以外は2年ごとに車検を受けることが法律で義務付けられています。また貨物車など車種によって...

普段から乗る車だからこそ、車検の流れを知っておくことでより自分の車への愛着が深まりますし、普段から点検整備を行うための気持ちを高めることができ、結果的にコンディションを良い状態に保ち長く付き合うこともできるようになります。車検を行う流れについてですが必要書類を整えます。車検証、自賠責保険証明書、継続検査用と記載された自動車税納税証明書、重量税納付書、継続検査申請書、定期点検記録簿を用意します。申請...

車検のチェック項目は全部で56あります。大きく分けるとエンジンルーム、室内、足回り、下回り点検です。エンジンルームの点検では走行に支障が出かねないエンジンの調子やオイル漏れを中心にチェックが行われます。オイルの漏れなどがひどい場合はエンジンの異常が考えられるため検査に合格することはできません。もし駐車場にオイルがこぼれ出て黒くなっているなどの状況がみられるなら車検前に点検修理を依頼してください。次...

愛車をカスタマイズしている人は少なくありません。でも車検に不合格になってしまっては公道を走ることができなくなりますから、車検前に合格基準を知っておく必要があります。車検合格の主な基準の1番目は灯火類です。安全にかかわりますから、色や明るさ及び取り付け位置などに厳しい規定があります。ライトを交換する方は、車検対応のバルブかどうかを確かめてください。2番目に挙げたいのはタイヤとホイールの合格基準です。...

通勤や通学に車を使用している人は、1日でも車がなくなると困ります。車検の際に代車を出してくれるかどうかは、どこで車検を受けるかを決める判断材料の重要なポイントです。ディーラーでの車検を利用すると、ほとんどの場合代車を無料で貸し出してくれます。ただし代車の空き状況にもよりますから、事前に担当者と打ち合わせて、車の持ち込み日を決めることが必要です。台数には限りがありますから早めに予約しておくことをお勧...

車検を整備工場やディーラーで依頼する場合には、手続きはそれほど面倒ではありません。車検に関わる面倒な書類上の登録や手続き、さらには自賠責保険の加入を含めたすべてを代行してくれるため、受付を終えたら入庫し、納車まで待つだけで車検は終了します。しかし、この場合も3つの書類が必要となりますので準備しておくことが大切になります。そのひとつが車検証です。車の所有者や使用者、形式などが記載された証書のことで、...

車検を行う際には、整備工場やディーラーに依頼する場合と、ユーザー車検を行う場合とで、持っていく書類が異なります。整備工場やディーラーで車検を依頼する場合は、検査に必要な書類のほとんどを整備工場やディーラーで作成してくれます。共通して必要なものは次の3つです。まずは車検証です。車検証は車の所有者に必ず発行されるもので、ローンで購入した場合も車の使用者に対して車検証が発行されます。車のグローブボックス...

車検を行う整備工場には指定整備工場と認定整備工場の2種類が存在しています。認定整備工場とは自社で車を点検整備した後に陸運局へ車両を搬入して検査を受ける工場のことで、陸運局が閉庁となる土日に車検を行うことはできません。指定整備工場とは陸運局から認定を受けた整備工場のことで、民間車検場とも言われています。指定整備工場では自社で車検の際の整備、検査ができるため土日でも車検を行えることが特徴です。指定整備...

ユーザー車検とは、車のオーナーが自分で車検を行う制度のことで、整備工場やディーラーに依頼しなくても車検ができるため、車の知識が豊富な人にとっては魅力ある車検の方法です。ユーザー車検の最大のメリットは、料金が安く済むという点にあります。修理や交換が必要な不具合箇所を除けば、法定費用だけで車検ができるため、節約志向の方に人気が集まっています。ただし自分で車検を行う場合は書類の準備や手続き、検査上での立...

車検が切れてしまった車は、そのままの状態で車を運転すると道路交通法違反となり検挙されてしまいます。しかも無車検走行の罰則は非常に重く、6か月以下の懲役もしくは20万円以下の罰金が科せられます。違反点数は6点となり免許停止の処分を受けることになります。さらに自賠責保険を更新しない場合は無保険走行となり、6か月以下の懲役もしくは5万円以下の罰金が科せられることになります。同時に違反点数もプラス6点とな...

車検は車検有効期日の1ヶ月前から受けることができます。1ヶ月以内であれば、次の車検の有効期間も短くなりません。しかし何らかの事情により車検の時期をずらしたいと考える人もいるかもしれません。例えば海外への長期の出向により家を留守にする場合、車に乗らなくなります。しかし帰国後にその車に乗りたいと考えるかもしれません。このような場合車検の時期をずらすことが可能です。それには2種類の方法があります。1番目...

車検は数日の期間がかかるため短期間であっても自分の愛車と別れることになります。短い時間で車検ができるなら、乗り慣れた自分の車にすぐ乗ることができます。1日車検サービスを利用することで、その願いをかなえることができます。1日車検とは、車検を即日で行うサービスのことで時間を大切にする人にとって、とても便利なサービスだと言えます。特に仕事の前に車検に出して自宅へ帰るころには車検が完了していますから、翌日...

一昔前は車検というと検査に2〜3日程度はかかるものと思っている人も多かったです。しかし最近では車検にかかる時間はどんどん短縮化されています。車検を専門に行っている業者の中には、「1時間車検」とか「30分車検」といったサービスを実施している所も出てきているくらいです。特にフランチャイズ系の業者の中で、短時間で終了させてしまう所が増えています。とにかく早く自動車を出して、早く運転できるように手配してほ...

ユーザー車検といって、自分で自動車を持ち込んで検査をする方式で車検を通す人も増えています。この方法の良いところは、とにかく他の手法と比較して安く済むため、車検費用を節約できるところです。しかしユーザー車検の場合、もしかすると検査官から不具合を指摘されるとか、テスターで問題が発生し不合格になってしまうケースもあるかもしれません。ちなみに一つでも不適合な所があれば不合格扱いになってしまって、新しい車検...

車検が満了する有効期間は、どこで確認したらよいのでしょうか。フロントガラスの中央上部に、車検の有効期間を示す四角いステッカーが貼られていると思います。丸いステッカーは点検整備実施済みステッカーで、車検の有効期間を示すものではないのでご注意ください。車検の四角いステッカーは「29・10」のように、小さい数字で年と、大きい数字で月が表示されています。日付までは表示されていないので、車検の有効期間はそこ...

保安基準に達している車であることを公的に証明する大事な書類が車検証で、車を運転する時に常時携行する義務が道路運送車両法第66条で定められています。また、この車検証には有効期間があって、商用車・レンタカー・自家用車で期間に違いがありますし、車の大きさ・形状・新車かどうかなど細かく決められています。ちなみに一般的な自家用車では、新車登録された普通自動車・軽自動車共に3年と期間が定められていて、それ以降...

軽自動車を含む普通乗用車の場合は、新車取得時から3年間、それ以降は2年間が車検の有効期限になっています。この車検の有効期限は車検証に明記されていますし、車両のフロントウインドウに貼り付けたステッカーにも有効期限が記載されています。ただ、ここで注意したいのはステッカーには有効期限の月までしか記載されていないという点で、記載されている月の末日までが有効期間と勘違いしないことです。あくまで車検証に明記さ...

車検を受けるためには、当日までに準備するべきことが多数あります。中でも、特に注意しておきたいのが持ち物です。ディーラーや民間の車検業者に代行する場合はもちろん、ユーザー車検を受ける方も、事前に持ち物を準備しておきましょう。欠けていると車検を受けられない場合もありますので、チェックリストを作ったり、業者に確認するのもおすすめです。まず自動車検査証(車検証)を用意しましょう。車両番号など様々なことが書...

車検費用を少しでも浮かすため、ユーザー車検を選ぶ方は決して少なくありません。法定費用のみを支払えば良いことから、車検代を半分程度に抑えられる場合もあります。しかし、ユーザー車検は難易度が高く、全ての検査をドライバー自ら実施しなくてはいけないのが欠点です。一つでも検査に不合格となった場合、自分で調整などを行わなければいけません。このため、車検を受ける前に予備検査を利用する方も中にはいます。予備検査と...

車検は有効期限があります。期限は車検証に記載されていますが、ギリギリまで待ってから受ければ次回車検までの期限が延び、少しお得になると考えたことはないでしょうか。確かに仕事が忙しい、などの理由で期限間近になることはあるものの、意図的に延ばすことは良いと言えないのです。車検を受けるのであれば、期限に余裕を持って受けることが大切です。ギリギリに車検を受けると、様々なリスクを被ることになります。特に注意し...

車検を受けた車は、それを証明するために四角いシール(検査標章)の貼付が義務づけられています。フロントガラスへ貼り付ける必要がありますが、これをチェックすれば次回車検の時期を自分でも確認できます。細かな車検の有効期限は満了日で判断しなくてはいけませんが、そもそも車検満了日とは何でしょうか。満了日はしっかり把握しておかないと、車検切れになってしまうおそれがあるのです。満了日とは車検の有効期限です。車検...

車検は車によって何年ごとに受けなければならないという決まりがあります。その期限にあわせてオーナーはお金と時間を用意して車検を受けるわけですが、その決められたタイミングに合わせるのはわかりますが、何時から何時までに受ければいいのか意外と知らなかったりするのではないでしょうか。満了日までに必ず受ける車検の期限は、前回の車検を受けた時から次のタイミングとなる年の同月同日までに車検手続きを行わなければなり...

車検の有効期限を知るのに一番手っ取り早いのがフロントウィンドウに貼られている通称「車検ステッカー」、正式には検査標章というものを見ることです。そのステッカーは軽自動車は黄色ベース、登録車は青系のベースカラーに外から見える側と室内側両方に黒い文字で車検の有効期限が書かれています。例えば表側を見ると、小さい文字で「30」、その下の大きな文字で「5」と書かれていたら、平成30年(2018年)5月が車検の...

車検は、車検証や車検票の裏側に書かれている車検の満了日までに、次の車検を受けなければなりません。それの期日を過ぎてしまうと、公道を一切走ることができなくなってしまいます。そうなる前にきちんと車検を受けておきたいものですが、費用面や予定が取れない、車を預けることができないなどといった理由でなかなか早めに車検を受けることができないこともあるでしょう。気が付いたら明日が車検満了日だった、今日が車検満了日...

車検には車検満了日というものがあります。要するに有効期限です。この有効期限が切れてしまうと公道を走ることができなくなりますので、おのずと最終期限は車検満了日ということで決まってしまうでしょう。ではいつから車検を受けることができるのでしょうか。車検はいつ受けてもいい車検を受けられる日というのは実はこれといって決められたものはありません。最終的に車検満了日までに行えばいいというだけで、いつから行わなけ...

日本は世界的に見ても自動車に対する規制が厳しいといわれている国です。特に車検制度は稀に見る厳しさで、欧米諸国の方にそのことを説明するとかなり驚きます。そもそも車検制度は、表向きは安全性を高めるため、交通事故を減らすためということで運用されるようになったわけですが、実際には他に危害を加えるような車、違法改造車などを排除するために行われているものです。過去に暴走族が多かった時代に保安基準が厳しくなり、...

車検は法的な手続きを含むため、どうしてもそれなりの日数がかかります。しかし、車検を取る方法、あるいは車検を出す業者によってまちまちであることになります。ユーザー車検ユーザー車検はすべてを自分で行い、車検場に出向いていろいろな作業を行うことから、一番短時間で車検を取ることができます。朝一番から車検場に向かい、予備検を行ってから書類の作成、提出、そして検査ラインで検査を行い、一発で合格できれば、あとは...

車検に出すときのネックはその間車を使用できない点です。通勤や仕事で車を使用している人にとってこれは大きな問題で、これが理由でなかなか思うように検査を受ける日時を決めることができずにギリギリになって予約をとろうと焦ってしまうことになります。では車検はどのくらいで終わるのか?じつはそれほど時間はかかりません。車に問題がないかどうか、点検や検査そのものは1〜2時間もあれば終わってしまいます。「それなら当...

車検の期間は車種によって若干の違いがありますが、プライベートで車を使用している分には2回目以降は2年ごとの理解で問題はありません。ですから2年が経つころになったらそろそろ次の検査の準備や予定を立てはじめる必要があるわけですが、仕事などでなかなか予定を立てるのが難しい人、あるいはついつい期限を忘れてしまいがちな人は日ごろからいつ期間の満了日が来るのかをチェックしておくことが大事です。この確認方法は2...

当たり前のことですが軽の車も車検を受ける必要があります。サイズが小さいので普通自動車に比べると事故を起こしたときの被害が少なくなるイメージもありますが、いずれにしろ整備不足による事故は人身事故をはじめ大きな被害をもたらす原因になりますから、二年おきに車検を受けて問題なく動く状態かどうかのチェックが義務付けられています。基本的な部分は普通自動車と共通しており、検査は新車で購入した場合には最初が3年、...

自動車はタイヤが回転することで進みます。当たり前のことですが、タイヤがきちんと取り付けられていないと振動などのさまざまな問題が生じるのはもちろん、スリップなどの事故の原因にもなりかねません。そんなタイヤの取り付け環境のことをアライメントといいます。具体的には取り付けられる角度やサスペンションなどが正確に調節されているかどうか、です。この調整は当然のことながら正常な状態が維持された上で運転されていま...

一般的に車検は新車なら購入してから3年後、それ以外は2年ごとに受けるルールとなっています。自動車には次の整備がいつなのか明記されているので、その 1カ月前から有効期限が切れる日までの1カ月間に受けるのが一般的です。そろそろ点検整備の時期ですよというお知らせが、有効期限 1カ月前よりも少し前ぐらいに自宅に届くことがあるので、その案内を受け取ってからどこの業者に依頼するかを探すという人が多いのではない...

新車を購入した場合には、最初の車検は3年後ですが、それ以外の場合には2年ごとに法定整備点検が義務付けられています。これは自動車が安全に走行できることを確認するための検査で、一度受けると有効期限は2年間となります。そして、この有効期限が切れる1カ月前から更新整備を受けることができるわけですが、うっかりしていると受け忘れて有効期限が切れてしまうので注意しなければいけません。この法定整備では、パーツごと...

車検という作業は、実際に自動車を検査場に持ち込んで法定整備点検を受け、パスすれば陸運局へ支払って新しい証書やステッカーを発行してもらって終了となります。これは、ユーザーが自身でマイカーを検査場に持ち込む場合でも、業者に代行してもらう場合でも変わりません。しかし、車検を依頼する業者を探していると、45分で検査が終わる所とか、朝だしたら夕方に車が戻ってくる1日可能日を提供している所盛れば、2日かかると...

車検を受ける際には、複数の業者にいくらぐらいかかるのか、費用面で見積もりを取ってもらった上で、どの業者に依頼するのがお得なのかを比較検討したいものです。業者ごとにかかる費用は異なるため、同じ整備が必要でも、また整備作業がほとんど必要ない場合でも、業者が違えばかかる費用も変わります。そのため、業者を選ぶ際には、予算を決めるためにも事前に見積りを出してもらうことをおすすめします。見積りには、簡易タイプ...

トップへ戻る