車検に必要な持ち物は?

車検を受けるためには、当日までに準備するべきことが多数あります。

 

中でも、特に注意しておきたいのが持ち物です。

 

ディーラーや民間の車検業者に代行する場合はもちろん、ユーザー車検を受ける方も、事前に持ち物を準備しておきましょう。

 

欠けていると車検を受けられない場合もありますので、チェックリストを作ったり、業者に確認するのもおすすめです。

 

まず自動車検査証(車検証)を用意しましょう。

 

車両番号など様々なことが書かれており、必ず必要な書類です。

 

ダッシュボードなどに保管している方が多いですが、早めに用意しておくことをおすすめします。

 

万が一紛失してしまった場合、車検を受けることができません。

 

もし無くした方は、ディーラーで再発行の代行を依頼するか、普通自動車なら運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会で再発行してもらいましょう。

 

自賠責保険証も必要です。

 

こちらも紛失してしまった場合、車検を受けられません。

 

加入している保険会社に連絡すれば再発行が可能です。

 

または購入店へ行き、相談してみると良いでしょう。

 

再発行手続きを代行してくれる場合もあります。

 

ただし、手数料を取られることがあるので注意が必要です。

 

自動車税納税証明書も準備しましょう。

 

毎年発行される自動車税の納税通知書に同封されています。

 

自動車税を納めていないと車検を受けられません。

 

もし滞納している方は必ず納税しておきましょう。

 

車検を受ける際には必須の書類となっていますが、紛失時は各都道府県税事務所か、管轄の運輸支局・軽自動車検査協会で手続き可能です。

 

他にも車検証の使用者欄に書かれた方の印鑑が必要です。

 

ただし、書類に押印する際に使うだけですので、印鑑は認め印で問題ありません。

 

自身が使用者なら問題ありませんが、名義が違う場合は気を付けておきましょう。

 

車検はこれらの持ち物を用意すれば受けられます。

 

しかし、車検業者によっては他に準備が必要な持ち物があります。

 

業者によって変わる場合も珍しくはありませんので、事前に必要なものを聞いておきましょう。

トップへ戻る