車検の際に持っていくもの

車検を整備工場やディーラーで依頼する場合には、手続きはそれほど面倒ではありません。

 

車検に関わる面倒な書類上の登録や手続き、さらには自賠責保険の加入を含めたすべてを代行してくれるため、受付を終えたら入庫し、納車まで待つだけで車検は終了します。

 

しかし、この場合も3つの書類が必要となりますので準備しておくことが大切になります。

 

そのひとつが車検証です。

 

車の所有者や使用者、形式などが記載された証書のことで、ダッシュボードの中に説明書などと一緒に保管されている場合が多くあります。

 

あるいは別に保管する形を取っている人もいますが、車検までにこの書類の有無を確認してください。

 

ふたつ目が自賠責保険の証明書です。

 

これも車検証と一緒に保管されていることが多いですが、あらかじめ確認しておくようにしてください。

 

最後に納税証明書です。

 

毎年自動車税を納付すると納税証明書に出納のスタンプが押されて返却されます。

 

自動車税の納税証明書は、納付後そのままポケットや他の場所に置いたままにしてしまい、最も無くしやすい書類のひとつです。

 

保管場所を決めておくなど、紛失しないように何らかの手段を講じておきましょう。

 

これら3つの書類がそろっているかを確認してください。あとは認印も持参します。

 

無用なトラブルを避けるため、車検に出す際は車の中に貴重品類が残らないようにしておきます。

 

もし、車検費用が前払いの場合は、お金も併せて用意しておきます。

 

書類などが準備できたならば、予約日にディーラーか整備工場に車を搬入します。

トップへ戻る