車検費用は前払いですか?

車検費用には、点検整備を行う際の技術料を含んだ車検費用と自賠責保険と重量税、印紙代の法定費用が含まれます。

 

車検の際には車検費用を前払いで請求する整備工場もあります。

 

その理由は、法定費用が車を所有する本人が納付する費用であるという考えから来ています。

 

本来、税金は納税義務者本人が支払い、他の人が立て替えて納付することはしません。

 

例えば個人が買い物をするときに、消費税を別の人が立て替えて払うというサービスが無いのと同じことです。

 

また車検を依頼したものの、その後になっても一向に車検費用を支払ってくれない悪質な客がいるのも事実です。

 

そのため、車検にかかる費用のうち、法定費用のみを前払いで行ない、整備費用については後から請求する形をとる業者もいます。

 

それとは対照的に、車検後に一括で支払うことができるケースもあります。

 

ディーラーでの車検の場合、お客様との信頼関係が成り立っている場合が多く、車検費用を後払い請求にしてくれるところもあります。

 

前払いになるか後払いになるかの大きな違いは、お客様との信頼関係ということになります。

 

整備工場にとって初めてのお客様の場合、信頼関係が築かれていないこともあり、先払いになることが多くあります。

 

しかし、すべての整備工場がそうした条件を提示するわけではないため、見積もりの際に、支払方法も併せて尋ねておくとで事前にトラブルを防ぐことができます。

 

車検費用が前払いだからと言って気分を害さないようにしましょう。

トップへ戻る