車検法定費用クレジット払いになりづらい理由

車検法定費用クレジット払い

クレジットカード払いで車検を受けようという方が最近非常に増えています。

 

確かになんでもクレジットカードがあれば買える時代ですし、クレジットカード会社によるポイント制度など利用することができるので、たとえ目の前に多額の現金があったとしてもわざわざクレジットカードを使って、ポイントを稼ごうとする方もがいるぐらいです。

 

多額の支払いを伴う車検費用ではそういったメリットを多く得ることができるということにもなるわけです。

 

もちろん今現金がない、また支払うことができないという金銭的な理由からクレジットカードを使う方もいますが、内容はさておき、クレジットカードで車検費用を払うということは同じです。

 

 

問題は法定費用

 

車検費用をクレジットカードで支払う時に問題となるのが車検法定費用クレジット払いです。

 

基本的に法定費用は現金払いとなります。

 

自動車重量税は税金ですので現金一括払いが基本、リサイクル料金も同じく現金一括払い、車検手続き費用も印紙購入を伴いますので現金一括払い、自賠責保険料も損害保険ですので現金払いが必要ということになります。

 

どれもクレジットカードで支払う、納税するということが難しいものなのです。

 

車検を取り扱う業者でクレジットカード払いができるというところでも、こういった法定費用は別途現金払いという形となっていることが多く、全額クレジットカード払いというのが難しくなっています。

 

これにはいくつか理由があるのですが、1つは多額の現金の立て替え払いをしなければならないこと、これはクレジットカード会社を挟んでいても回収できない可能性があるからです。

 

それから業者側に手数料が発生すること、利用金額の何パーセントといった形で業者側がクレジットカード会社に手数料を払わなければならないので、法定費用を含めるとかなり多額となる車検費用では、かなりの手数料を取られてしまうからです。

 

主にこの2つの理由から法定費用を省いた形でクレジットカード払いを受け付けるところが多いのですが、最近ではそういったリスクを踏まえても需要が高いということですべてひっくるめてクレジットカード払いを受け付ける業者が増えています。

トップへ戻る