車検代が足りない時はお金借りることも考えよう

車は維持費のかかる乗り物ですが、特に車検代は大きな割合を占めます。

 

具体的な金額は車種や業者により変わるものの、1回で10万円を超えることも珍しくありません。

 

車検と出費の多い時期が重なってしまうと、車検代を払うのが難しかったり、足りなくなる場合も考えられます。

 

しかし車検は必須のため、もし不足しそうな時はお金借りることを検討してみましょう。

 

車を買うときにローンを利用する方は多くいますが、実は金融機関が提供するマイカーローンを車検代に充てることができます。

 

金利が低く設定されており、返済額を抑えられるのが魅力です。

 

ただし、ローン審査があり、実際に融資されるまで時間がかかります。

 

マイカーローンを利用する際は、早めに申し込みを行うことが重要です。

 

マイカーローンよりも手軽に利用できるのがキャッシングです。

 

クレジットカードの中には、キャッシング枠が設定されているものもあります。

 

限度額はカード会社次第ですが、すぐ車検代を払わないといけない時や、少し不足しているときは利用を検討してみると良いでしょう。

 

クレジットカードを持っていれば審査は不要ですが、ショッピング専用カードでは利用できません。

 

また、金利にも注意しましょう。

 

カードローンを利用する方法もあります。カードローンは、消費者金融や銀行などが提供するサービスで、1,000円または1万円単位から申し込めます。

 

利用用途が定められていないため、車検代に充てることが可能です。

 

即日融資に対応している業者も多くありますが、ローン審査に通らないと利用できず、審査基準は業者によって若干異なります。

 

車検代は負担が大きくなりがちです。

 

部品交換などで膨れ上がることもあるため、余裕を持ってお金を確保しておかなくてはいけません。

 

しかし、足りなくなる可能性も無いとは言えませんので、不足時はローンやキャッシングで補うことをおすすめします。

 

業者から見積もりをもらったら、不足額を計算してみましょう。

トップへ戻る