まとまったお金が用意できるか?

車検代,カードローン

2年ごとに行われる車検。車を所有するうえでどうしても避けることができない出費です。

 

期限が切れてしまうとその車を運転することができなくなってしまいますから、期限内に検査に出すとともにそれにかかる費用を確保しておく必要もあります。

 

この検査の費用には自動車税をはじめとした法定費用と呼ばれているあらかじめ決められている部分と、整備代や手数料など業者によって設定が異なる部分があります。

 

ユーザー車検のように基本的に自分で行う場合には後者の出費を少なく抑えることができるわけですが、その分手間や時間がかかってしまいます。
それだけに手間をかけずに確実に検査をクリアするためには業者に依頼するのがもっとも確実です。

 

そうなるとディーラーや整備工場といった選択肢が出てくるわけですが、費用は総額で7〜10万円くらいは確保しておく必要があります。

 

もっと安い価格で受けられるところもありますが、価格ばかりで評価してしまうのも少し不安があるだけにこれぐらいのお金は揃えておいたほうがよいでしょう。

 

問題なのはこれだけの金額を一度に揃えることができるか、つまり一括払いができるかどうかです。

 

カードローンを用意しているところも

そんな事情を踏まえてからディーラーや整備工場では車検代をカードローンで分割払いの形で用意しているところもあります。

 

2年ごとに車検が行われるため、最長で24回までというところが多いようです。

 

このローンは正確には車検専用に用意されたものではなく、車全体の出費を用途に使用できるマイカーローンの形となっています。

 

そのためディーラーや整備工場が用意したものでなくても自分で銀行で借りて利用することも可能です。

 

どうしても車検代を満了日までに用意できないという場合には検討してみるとよいでしょう。

 

ただ審査をクリアできない、金利がかかる、繰上げ返済を行う際に手数料がかかってしまうといったデメリットも出てくるのでその点は注意しておきましょう。

トップへ戻る