車検費用はどれくらい?記事一覧

数万円から時には十数万円まで、かなりの金額になる車検費用ですが、その内訳を知っておくと、何かと便利です。車検費用は大きく2つの部分に分けることができます。一つは法定費用といって、税金や自賠責保険料、検査・登録手数料(印紙代)など、その車の重量によって金額が定められているもので、どこの車検業者に依頼したとしても同じ額がかかります。もう一つはそれ以外にかかるもので、車検代行手数料、点検整備料などです。...

車検を行う際に気になるのは費用の相場です。車検前にある程度の相場を知っておくことで、予算オーバーを気にせずに車検が行なえます。車検には、法定費用に加えて、点検整備を行うための整備費用がかかります。整備費用には、交換する部品代、オイルなどの油脂代、整備をするための作業工賃が含まれます。そのため、車検費用は法定費用と整備費用の合計額になります。また車検費用は車両重量、軽自動車と普通乗用車、さらにはエコ...

車検の際には法律により定められた、必ず支払わなければならない費用があります。それが法定費用です。法定費用の内訳は自賠責保険の保険料、重量税、印紙代です。まず自賠責保険についてですが、これは車の所有者であれば必ず入らなければいけない強制保険で、交通事故の際に被害者に対して最高3000万円までの補償をします。任意保険の補償額は、自賠責保険の補償分を除いた部分への補償となります。自賠責保険の保険料は時折...

整備工場やカーディーラーなどに車検を依頼すると、法定費用とは別に車検の技術料が発生します。技術料とは車を点検整備する際の工賃のことで、パーツや油脂代は含まれません。技術料は、依頼する整備工場やディーラーによって異なります。そのため、事前に車検の際の技術料がどれくらいになるか、しっかりと見積もりをしてもらうことが大切になります。また、点検内容や整備内容によっても技術料は変わってきます。しかしながら、...

車検は法律で定められていることなので行わなくてはなりませんが、依頼先によってサービスや費用に違いがあって、特に費用については数万円から数倍も異なることもあります。また車検費用も安くないので、少しでも安くする方法はないのかと考える方も少なくありません。最も安くする方法としては、すべて自分で実施するユーザー車検というのがありますが、時間と労力がかかるので現実的に忙しい社会人には難しい現状にあります。そ...

現在の車は技術の向上などによって耐用年数が延びたことから、10年ほど同じ車に乗る方も少なくはありません。すでに愛車が購入から10年以上経過している方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、車は様々な部品が使用されており、10年も経つとどこかに不具合が出たり、部品の交換が必要になることも珍しくはありません。このため、10年目の車検は費用が高く付いてしまうおそれもあるのです。なぜ車検代が高くなって...

車の購入から3年目が経つと初回車検が待っていますが、以後は2年に1回のペースで車検を受けることになります。5年目の車検は2回目に当たり、前回と同様に様々な検査が実施されます。しかし、ここで気になるのが車検費用ではないでしょうか。5年目になると、車の走行距離が4〜5万kmに達している場合もあるため、車検費用が高くなることもあります。ただし車検費用が高くなるとは言っても、法定費用や整備費用など、車検に...

車を長年運転していると、少しずつ増えていくのが走行距離です。部品交換や点検整備などでは、1年で1万kmを目安としていますが、車の使用頻度によっては1万kmを超える場合もありますし、年間数百kmしか運転しない方もいます。走行距離が少ないほど車検代も安い、と言われることもありますが、本当に車検費用へ影響することはあるのでしょうか。実は走行距離が増えたからといって、車検の法定費用(各種税金など)や業者に...

車検の見積書には様々なことが書かれていますが、合計費用しかチェックしない方も多いのではないでしょうか。しかし、合計費用だけで判断するのは少々危険です。例えば、余計な部品交換費用を支払う羽目になる可能性があります。車検代を少しでも浮かせたい方はもちろん、見積もりが適切か判断するためにも、必ず確認しておきましょう。車検の見積もりでは、チェックするべき点が多数あります。まず見ておきたいのが点検費用です。...

車検は1回あたり数万円〜10万円以上の費用がかかります。車は様々な部品が使われており、年々交換部品が増えていくため、車検代が更に高くなることも珍しくありません。このため、費用が膨れ上がる前に車の乗り換えをする方も中にはいます。しかし、どのタイミングで車を買い換えたら良いのでしょうか。現在の日本車は非常に頑丈に出来ており、故障することも中々ありません。一方、新車登録から13年が経過すると、自動車税や...

ハイブリット車は、ガソリンと電気を利用しているのが特徴です。一般的なガソリン車より燃費が良い車種も多数ありますが、大切な役割を担っているのがバッテリーです。ハイブリット車は特殊なバッテリーが搭載されており、エンジンとは別に搭載されたモーターを作動させる際にも使用します。このため、バッテリーの役割や仕組みもガソリン車と大きく違い、交換にも細心の注意が必要になります。ハイブリット車もバッテリーの劣化に...

車検費用の見積を取ってみてもイマイチ、高い気がする。そんな時は、さらなる交渉をしてみても良いでしょう。車検の見積りをしてもらった場合、法定費用とそうでない部分とがあります。法定費用は、法律で決まっている税金などですから、車検業者はそこで利益は一円も取っていないので、いくら交渉をしても下がることはありません。ですから、法定費用以外の部分で交渉すれば良いのです。見積もりをしてもらった場合、必ず内訳を見...

車検切れになると事実上、自動車を運転することができなくなるわけですが、そういったことによってかからなくなる費用があります。一つが自動車重量税、自動車重量税はいわゆる「公道使用料」みたいなもので、公道を走るため、公道に重さがかかり、それによって道路が傷むための修復費用的な意味合いでとられる税金です。ですので、法律で「公道を走ってはいけません」といわれている車検切れ車の場合では、公道を走る権利もいりま...

出来るだけ車検費用をおさえようという方に好まれているのがユーザー車検です。ユーザー車検は認定工場が行うことをすべて自分で行うことによって、指定工場や認定工場に車検をお願いした時に発生する代行料や手数料、整備工賃などを節約することができます。しかし、整備士と同じことを行うことになりますので、車の構造に対する知識や整備能力、車検にまつわる法律などの知識が必要になり、「安く済むならやってみようかな」と安...

車検は軽自動車でも登録車と同様に定期的に車検を受ける必要があるわけですが、登録車と比べると自動車重量税も自賠責保険料も安くなっていることから、全体の車検費用としてもかなり安く上がります。軽自動車税や燃料費の安さもあわせて、こういったことが軽自動車のメリットだといっていいでしょう。このメリットはたとえ10万キロオーバーの走行距離を持ったものでも同じで、車検は基本的には単なるチェック体制ですので、10...

保安基準にはタイヤに関する項目が設定されています。タイヤ溝の深さや偏摩耗、亀裂の有無、フェンダーからのはみ出しなど細かい設定がされています。車検はその保安基準に適合しているかどうかをチェックする体制ですので、当然ながらタイヤの状態も確認されます。車検業者で購入するタイヤは高いたとえば、ディーラーに車検をお願いしたとします。日ごろタイヤのチェックなどしていない方の場合、車検のために持ち込んだ時にタイ...

高い車検費用を少しでも抑えようということで、車検をディーラーや車検専門店などにお願いするのではなく、自分で車検を通すユーザー車検という手段をとる方が増えてきています。ユーザ車検は要するにディーラーや車検専門店などが行うことをすべて自分で行うというやり方で、書類の作成から提出、車体の整備、車検場への車の搬入、検査ラインでの作業など車検に関わることをすべて行います。もちろんそれらに対する知識や技術など...

車検を受ける場合、車検満了日までに受ければいいということは、車を所有している方ならだれもが知っているでしょう。教習所でも教えてくれますし、周りもきっとそういったことを言ってくれるでしょう。しかし、だからといって早い段階で受けるのも損をすることになるので注意しましょう。車検を受ける期間は1ヶ月前から例えばここに、2017年5月31日が車検満了日の乗用車があったとしましょう。既に2年前に車検を受けてい...

車検は数年に一度訪れる1つのイベントですが、とにかくお金がかかりすぎます。税金やら自賠責保険料やら整備費用やらで、平均して10万円前後は安くてもかかってしまうでしょう。そこで値引き交渉ということになりますが、まるで新車を買う時のように、買取店で査定額を出してもらうかのように思っている方もいるものですが、仮にそういったものと同じような手段で値引きを迫っても、せいぜい数千円から1万円ぐらいの差しか出な...

ハイブリッドモデルも通常の乗用車のように車検は必要です。ハイブリッドモデルだからといって特例などはありません。ほとんどの場合、車検を受ける時には専門業者にお願いすることになるわけですが、巷ではその時の車検費用が高くなるという話がよく出ています。果たして本当でしょうか。車検費用が高いと感じる理由ハイブリッドモデルだからといってガソリンエンジンモデルより車検費用が高くなるということはありません。なぜな...

車検に出している間は当然のことながら自分の車に乗ることができません。業者に検査に出した場合には2〜3日は帰ってきませんから、その間は車を使えないということになります。日ごろあまり運転する習慣がない方には2〜3日程度は問題ないわけですが、通勤や仕事で使っている場合は日常生活に支障をきたしてしまうことになりかねません。それが理由でなかなか検査を受ける日時の都合を付けられない、という人も多いはずです。そ...

ディーラーさんにお願いすると、普通車の場合はだいたい10万円程度かかるのが車検です。輸入車だったり交換部品が発生したりで相場は変わりますが、とにかく安く済ませたい場合、どれくらいで行けるのでしょうか。排気量や登録年数によって最低費用は変わりますが、結論から言いますと、軽自動車の場合:33070円1000ccクラス、1トン以下の自動車:44000円2000ccクラス、1.5トン未満の自動車:5300...

車の維持費を考えるとき、重要なのが車検ですね。なぜ、車検を通さなければいけないのでしょうか。基本料金の概要も含め、説明します。

トップへ戻る