見積もり交渉をして車検費用を安くできるか

車検,見積もり,交渉

車検は数年に一度訪れる1つのイベントですが、とにかくお金がかかりすぎます。税金やら自賠責保険料やら整備費用やらで、平均して10万円前後は安くてもかかってしまうでしょう。

 

そこで値引き交渉ということになりますが、まるで新車を買う時のように、買取店で査定額を出してもらうかのように思っている方もいるものですが、仮にそういったものと同じような手段で値引きを迫っても、せいぜい数千円から1万円ぐらいの差しか出ないでしょう。

 

車検費用はどうして安くならないのか?それは動かしようのない金額がほとんどを占めているからです。

 

 

値引きの出来るお金

 

車検を行う所で見積もりを取って、その見積書を手に値引き交渉を行ってもたいして安くはなりません。

 

例えば2リッタークラスの車の車検を取ろうとします。

 

その費用の内訳は、まず自動車重量税が1.5トン未満で24600円、自賠責保険料が25830円、検査手数料が1800円、車検整備費用50000円、代行料10000円となると合計で112230円となります。

 

この内、値引き交渉をして安くできるのは車検整備費用の50000円と代行費用の10000円だけで、あとの自動車重量税や自賠責保険料、検査手数料は完全に決められた金額となりますので一切の値引きをすることができません。

 

できるとすれば60000円の中からということになります。

 

しかし、車検整備費用といっても交換部品の部品代や消耗品代なども、いわば車検整備を行う側もどこかから仕入れているわけですから、そうそう値引きは出来ません。

 

残ったものといえばいわゆる工賃と言ったことになりますが、整備にかかった時間から割り出されることが多いので、ここでもそう簡単に値引きをすることができないわけです。

 

最後に残ったのが代行料ということになりますが、もともとの金額が安いので、値引きできたとしてもたいした金額ではないでしょう。

 

こうしてみるとわかりやすいですが、値引きがしづらいものばかりが含まれているので、少しずつ値引きをしたとしてそれらを合計してもわずかな値引き額にしかならないのです。

 

「2017年現在」

トップへ戻る