車検の費用相場はどれくらい?

車検を行う際に気になるのは費用の相場です。

 

車検前にある程度の相場を知っておくことで、予算オーバーを気にせずに車検が行なえます。

 

車検には、法定費用に加えて、点検整備を行うための整備費用がかかります。

 

整備費用には、交換する部品代、オイルなどの油脂代、整備をするための作業工賃が含まれます。

 

そのため、車検費用は法定費用と整備費用の合計額になります。

 

また車検費用は車両重量、軽自動車と普通乗用車、さらにはエコカーかそうでないか、経過年数によっても異なります。

 

軽自動車の場合の車検費用は、法定費用がおよそ35000円で、整備工場に車検を依頼した場合は整備費用を含めて安ければ50000円程のコストでできます。

 

乗用車の中で最も費用が安く済むのが1トン以下の乗用車です。

 

このクラスでは法定費用と整備費用を含めると65000円前後になります。

 

1トンを超えるクラスについては重量が0.5トンごとに法定費用が変わります。

 

1.5トン以下の乗用車の場合は法定費用と整備費用が合計70000円程です。

 

高級車やオフロード系の車が占める2トン以下の車になると法定費用と整備費用の合計が90000円前後になります。

 

もっとも費用が高くなるのが2.5トン以下の乗用車です。

 

法定費用と整備費用を合わせると100000円程の費用が発生します。

 

これらの費用には、交換が必要な部品代や作業工賃は含まれていません。

 

また整備費用は整備工場やディーラーによりそれぞれ開きがあるため、実際にはこの金額よりも高くなることがあります。

 

安く済ませたい場合はユーザー車検を選択するか整備費用の安い工場を探すことになります。

トップへ戻る