車検費用相場

車検の費用相場はどれくらい?

車検の費用相場はどれくらい?

車検を行う際に気になるのは費用の相場です。

 

車検前にある程度の相場を知っておくことで、予算オーバーを気にせずに車検が行なえます。

 

車検には、法定費用に加えて、点検整備を行うための整備費用がかかります。

 

整備費用には、交換する部品代、オイルなどの油脂代、整備をするための作業工賃が含まれます。

 

そのため、車検費用は法定費用と整備費用の合計額になります。

 

また車検費用は車両重量、軽自動車と普通乗用車、さらにはエコカーかそうでないか、経過年数によっても異なります。

 

軽自動車の場合の車検費用は、法定費用がおよそ35000円で、整備工場に車検を依頼した場合は整備費用を含めて安ければ50000円程のコストでできます。

 

乗用車の中で最も費用が安く済むのが1トン以下の乗用車です。

 

このクラスでは法定費用と整備費用を含めると65000円前後になります。

 

1トンを超えるクラスについては重量が0.5トンごとに法定費用が変わります。

 

1.5トン以下の乗用車の場合は法定費用と整備費用が合計70000円程です。

 

高級車やオフロード系の車が占める2トン以下の車になると法定費用と整備費用の合計が90000円前後になります。

 

もっとも費用が高くなるのが2.5トン以下の乗用車です。

 

法定費用と整備費用を合わせると100000円程の費用が発生します。

 

これらの費用には、交換が必要な部品代や作業工賃は含まれていません。

 

また整備費用は整備工場やディーラーによりそれぞれ開きがあるため、実際にはこの金額よりも高くなることがあります。

 

安く済ませたい場合はユーザー車検を選択するか整備費用の安い工場を探すことになります。

車検一括見積もりサイトはこちら

 

車検の費用相場はどれくらい?関連ページ

大事な車検費用、内訳は?どれくらいなら妥当といえる?
車検の費用はどのくらいが妥当なのでしょうか?ご存知ですか?
車検の際の法定費用とは?
車検の際には、必ず請求される法定費用というモノがあります。これは、どの業者に頼んでも同じ額請求されます。
車検の技術料はどれくらい?
車検費用の中で、業者によって変わってくるのが技術料です。この技術料の相場ってどのくらいなのでしょうか?
車検を安くするために必要なのは見積もりと値引き交渉
車検を安くするためには、必ず見積もりしてからの値引き交渉が必要です。
10年目の車検は費用が高く付く理由とは
10年目の車検はなぜ費用が高いのでしょうか?
5年目の車検の費用はどう変わる?
5年目の車検の費用は3年目とはどのように変わるのでしょうか?
走行距離は車検の費用に影響するのか
車検費用は走行距離とどのような関係があるのでしょうか?
車検見積もり内容でチェックすべきポイントとは?
車検の見積もり内容でチェックすべきポイントをまとめました。
車検を受けるより買い換えた方がよくなるのはいつ?
車検受けるのか買い換えるのか、判断のポイントは?
車検時のハイブリット車のバッテリー交換費用は?
車検時のハイブリット車のバッテリー交換費用は高いというのは本当でしょうか?
車検費用の交渉の仕方
車検費用は交渉しても下がらない部分と下がる部分に分けられます。複数見積を取った後で、さらに交渉することによって下げられる部分があります。
車検切れは税金未納になる?
車検切れは、税金未納になるのでしょうか?
ユーザー車検における予備検査の費用
ユーザー車検における予備検査の費用はどのくらいなのでしょうか?
10万キロオーバーの軽自動車の車検費用
10万キロオーバーの軽自動車の車検費用はどれくらいなのでしょうか?
車検でのタイヤ交換費用は高くつく
車検でのタイヤ交換費用は高くつく可能性があります。
自分で車検を通すユーザー車検、その費用は?
自分で車検を通すユーザー車検は、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?
車検は1ヶ月前以降に受ければ損はしない
車検は1ヶ月前以降で受ければ、損はしないです。
見積もり交渉をして車検費用を安くできるか
見積もりの際に交渉をして車検費用を安くする事は可能なのでしょうか?
ハイブリッドモデルの車検費用は高いのか?
ハイブリット車の車検費用は高いのでしょうか?

ホーム RSS購読 サイトマップ
基礎知識 こんな時は? 費用 支払い どこで受ける?