5年目の車検の費用はどう変わる?

車の購入から3年目が経つと初回車検が待っていますが、以後は2年に1回のペースで車検を受けることになります。

 

5年目の車検は2回目に当たり、前回と同様に様々な検査が実施されます。

 

しかし、ここで気になるのが車検費用ではないでしょうか。

 

5年目になると、車の走行距離が4〜5万kmに達している場合もあるため、車検費用が高くなることもあります。

 

ただし車検費用が高くなるとは言っても、法定費用や整備費用など、車検に必須の費用が高くなる訳ではありません。

 

仮に前回と同じ車検業者を利用した場合、途中で変更されていなければ整備費用・工賃は同一です。

 

自賠責保険などの法定費用も、途中で改正されていないなら支払う金額は前回と同じになります。

 

5年目の車検で費用が高くなる理由は交換部品にあります。

 

3年目に交換が推奨される部品は非常に少なく、整備費用と法定費用のみで済むことも一般的です。

 

一方で5年目になると、バッテリーやエンジンオイル・フィルター、場合によってはブレーキパッドやタイヤなど、交換が必要になる部品も増えるのです。

 

特にバッテリーは自然劣化する場合もありますので、交換が必要なケースも珍しくありません。

 

しかし走行距離や部品の消耗具合も影響しますので、実際に点検をしてみなければ分からない点が多いのも実状です。

 

このため、車の状態によっては前回車検時とさほど変わらない場合があります。

 

費用が気になる方は、ディーラーやカーショップで点検を受けてみるのも良いでしょう。

 

車検前に部品を交換したほうが安く済むこともあります。

 

また、整備費用の安い車検業者を見つけるのも良いでしょう。

 

法定費用はどの業者も同じですが、車検の代行手数料や整備費用は業者によって変わります。

 

ユーザー車検は法定費用のみで済むため車検代を節約できますが、自身で検査場へ行かなくてはいけません。

 

民間の業者を利用する場合は、見積もりを出してもらってから決めることをおすすめします。

トップへ戻る