車検を受けるより買い換えた方がよくなるのはいつ?

車検は1回あたり数万円〜10万円以上の費用がかかります。

 

車は様々な部品が使われており、年々交換部品が増えていくため、車検代が更に高くなることも珍しくありません。

 

このため、費用が膨れ上がる前に車の乗り換えをする方も中にはいます。しかし、どのタイミングで車を買い換えたら良いのでしょうか。

 

現在の日本車は非常に頑丈に出来ており、故障することも中々ありません。

 

一方、新車登録から13年が経過すると、自動車税や重量税の負担が増えるという欠点があります。

 

また、13年も経つと交換部品も増えることから、13年目の車検を受ける前に乗り換える方もいます。

 

同じ車に長く乗っている方も、13年を一つの目安に買い換えを検討すると良いでしょう。

 

車の下取りや買取のことを考えるなら、5年〜7年程度で乗り換えるのも一つの方法です。

 

車は年々買取・下取り価格が下がっていきますが、新車登録から数年が経過すると価値が大幅に下がります。

 

そのため5年目または7年目の車検を前に、新車・中古車へ買い換える方もいます。

 

買い換え費用を抑えたい方は、より早く乗り換えるのも良いでしょう。

 

車は早く売るほど買取・下取り価格の減少を抑えられます。

 

走行距離を目安に買い換えるのも良いでしょう。

 

どの程度を目安にするかは人それぞれですが、走行距離は少ないほど車の売却価格が高くなります。

 

例えば3万kmの車と5万kmの車であれば、前者のほうが高く売却できます。

 

走行距離が増えると、タイヤやブレーキパッドなど、車検時に交換が必要な部品も増加します。

 

車の買い換えのタイミングは人それぞれです。迷うところですが、車検の見積もり金額を見てから決めるのも良いでしょう。

 

乗り換えたほうが得か損か、しっかり検討することが重要です。

 

買い換えたほうが得する場合も珍しくありませんが、車の状態や走行距離によって変わります。

 

ただし、13年目には各種税金の負担が増し、交換部品も増加する可能性がありますので、13年目の車検を迎えるまでには手放すのが良いと言えます。

トップへ戻る