車検見積もり内容でチェックすべきポイントとは?

車検の見積書には様々なことが書かれていますが、合計費用しかチェックしない方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、合計費用だけで判断するのは少々危険です。

 

例えば、余計な部品交換費用を支払う羽目になる可能性があります。

 

車検代を少しでも浮かせたい方はもちろん、見積もりが適切か判断するためにも、必ず確認しておきましょう。

 

車検の見積もりでは、チェックするべき点が多数あります。

 

まず見ておきたいのが点検費用です。

 

車検代は大きく法定費用・点検費用に分けられますが、このうち点検費用は業者により変わります。

 

数万円の差が付くことも珍しくありませんので、業者を比較する際は必ず点検費用をチェックしましょう。

 

点検費用が車検代に大きく影響します。

 

次に確認したいのが交換部品です。

 

車検では部品の交換が必要になるケースも良くありますが、不要な部品の交換費用が含まれていないでしょうか。

 

本当に必要なのか迷った場合、車検業者に確認してみると良いでしょう。

 

すでに交換した部品が見積もりに含まれている方は、業者に伝えて再度見積もってもらうことをおすすめします。

 

車検に必要な日数・時間もチェックが必要です。

 

業者によっては1日で終わりますが、ディーラーなどへ依頼した場合、数日かかることもあります。

 

また、検査が何時頃に終了するのか確認しておきましょう。

 

車の受け取りやスケジュールに影響しますので、必ず見ておくことをおすすめします。

 

同時に代車の有無も確認しましょう。

 

代車を貸してくれる業者が多いものの、予約などの影響で代車が無い場合もあります。

 

特に車が必要な方は、代車を用意してくれる業者を見つけしましょう。

 

レンタカーを借りる手段もありますが、費用が高くつくので注意が必要です。

 

どの車検業者を利用するかは人それぞれです。

 

費用はもちろん、必要な日数・代車の有無など、異なる点が多数ありますので、見積書を確認して選ぶことが重要です。

 

複数の車検業者へ見積もりを依頼し、比較して決めるのも良いでしょう。

トップへ戻る