ハイブリッドモデルの車検費用は高いのか?

ハイブリット,車検,高い

ハイブリッドモデルも通常の乗用車のように車検は必要です。

 

ハイブリッドモデルだからといって特例などはありません。

 

ほとんどの場合、車検を受ける時には専門業者にお願いすることになるわけですが、巷ではその時の車検費用が高くなるという話がよく出ています。

 

果たして本当でしょうか。

 

 

車検費用が高いと感じる理由

 

ハイブリッドモデルだからといってガソリンエンジンモデルより車検費用が高くなるということはありません。

 

なぜなら車検というものはどの車も同じ基準で判断しているからです。

 

ハイブリッドシステムの具合やハイブリッドバッテリーの状態などは車検では一切関係ないですし、電気モーターがあるからといって何か特別な制限があるわけではありません。

 

むしろエコカー減税などで自動車重量税が軽減されるので、安く済むといっていいでしょう。

 

ですから実は高いのではなく、高く感じるということなのです。

 

高いと感じる理由は2つあります。

 

その一つは車検整備以外の整備や修理を同時に行うことが多いからです。

 

これはあまり表には出てこないのですが、実はハイブリッドモデルは故障が多いことで知られています。

 

ハイブリッドバッテリーの充放電不良、インバーターの異常過熱など、今現在でも陰ながら修理がされています。

 

新車保証がきけば無償修理ということになりますが、その期間を過ぎてしまうとバッテリーで20万円以上、ハイブリッドシステム全体で40万円ぐらいに修理費用が掛かってしまうのです。

 

車検には関係ないが同時に修理をしてしまう、そしてそれを車検費用と一緒に請求されることで高いと感じてしまうのです。

 

それからもう一つはハイブリッドモデルの整備は、ディーラー以外ではしにくいということがあるからです。

 

ハイブリッドモデルはやや特殊な構造を持ちますので、専用端末などを使った整備を行うため、ディーラーでないと中々やりにくい、そしてそれを知っているオーナーも基本的に車検費用が高くなりやすいディーラーに出すことから、高いと思ってしまうということがあります。

トップへ戻る