自分で車検を通す費用

自分で車検を通すユーザー車検、その費用は?

自分で車検を通すユーザー車検、その費用は?

自分で車検を通す,費用

高い車検費用を少しでも抑えようということで、車検をディーラーや車検専門店などにお願いするのではなく、自分で車検を通すユーザー車検という手段をとる方が増えてきています。

 

ユーザ車検は要するにディーラーや車検専門店などが行うことをすべて自分で行うというやり方で、書類の作成から提出、車体の整備、車検場への車の搬入、検査ラインでの作業など車検に関わることをすべて行います。

 

もちろんそれらに対する知識や技術などが必要となりますので、誰もができることではありません。

 

しかし、ユーザー車検はかなり費用を節約できるのが大きな利点で、それを求めて行動力のある方がチャレンジするようになりました。

 

 

ユーザー車検の費用

 

ユーザー車検はすべてを自分で行うわけですから、たとえば申請書を作るための代行費用もいりませんし、車検場への搬入費用なども掛かりません。そして何よりも一番お金がかかる車体の整備費用、要するに工賃も一切かかりませんので、安くなるはずです。

 

実際にかかる費用は車検場で購入する印紙代と申請書類代の1430円から1800円ぐらいのお金で、あとは業者にお願いした時にも払わなければならない自動車重量税や自賠責保険料がかかりますが、これはどの方法でも同じ金額ですので、どちらにもメリットはありません。

 

しかし、車検費用を高額に押し上げる整備費用と代行費用が一切かかりませんので、仮に予備検を受けるためにテスター屋さんで費用を払ったとしても1万円もかからず、たいした負担にはならないでしょう。

 

例として、全く故障の無い同じ車をユーザー車検と車検専門店で比較してみると、ユーザー車検で6万円から6万5000円で済むところ、車検専門店では8万5000円から10万円ぐらいかかります。

 

この金額の差額は車検を請け負った業者の利益となる分で、代行料、工賃、代書費用などが含まれています。

 

ユーザー車検は要するにこういった費用をなくすために、自分の労力を使うということになるわけです。

車検一括見積もりサイトはこちら

 

自分で車検を通すユーザー車検、その費用は?関連ページ

大事な車検費用、内訳は?どれくらいなら妥当といえる?
車検の費用はどのくらいが妥当なのでしょうか?ご存知ですか?
車検の費用相場はどれくらい?
車検の費用の相場を事前に知りたいですよね。決して安くないですから。
車検の際の法定費用とは?
車検の際には、必ず請求される法定費用というモノがあります。これは、どの業者に頼んでも同じ額請求されます。
車検の技術料はどれくらい?
車検費用の中で、業者によって変わってくるのが技術料です。この技術料の相場ってどのくらいなのでしょうか?
車検を安くするために必要なのは見積もりと値引き交渉
車検を安くするためには、必ず見積もりしてからの値引き交渉が必要です。
10年目の車検は費用が高く付く理由とは
10年目の車検はなぜ費用が高いのでしょうか?
5年目の車検の費用はどう変わる?
5年目の車検の費用は3年目とはどのように変わるのでしょうか?
走行距離は車検の費用に影響するのか
車検費用は走行距離とどのような関係があるのでしょうか?
車検見積もり内容でチェックすべきポイントとは?
車検の見積もり内容でチェックすべきポイントをまとめました。
車検を受けるより買い換えた方がよくなるのはいつ?
車検受けるのか買い換えるのか、判断のポイントは?
車検時のハイブリット車のバッテリー交換費用は?
車検時のハイブリット車のバッテリー交換費用は高いというのは本当でしょうか?
車検費用の交渉の仕方
車検費用は交渉しても下がらない部分と下がる部分に分けられます。複数見積を取った後で、さらに交渉することによって下げられる部分があります。
車検切れは税金未納になる?
車検切れは、税金未納になるのでしょうか?
ユーザー車検における予備検査の費用
ユーザー車検における予備検査の費用はどのくらいなのでしょうか?
10万キロオーバーの軽自動車の車検費用
10万キロオーバーの軽自動車の車検費用はどれくらいなのでしょうか?
車検でのタイヤ交換費用は高くつく
車検でのタイヤ交換費用は高くつく可能性があります。
車検は1ヶ月前以降に受ければ損はしない
車検は1ヶ月前以降で受ければ、損はしないです。
見積もり交渉をして車検費用を安くできるか
見積もりの際に交渉をして車検費用を安くする事は可能なのでしょうか?
ハイブリッドモデルの車検費用は高いのか?
ハイブリット車の車検費用は高いのでしょうか?

ホーム RSS購読 サイトマップ
基礎知識 こんな時は? 費用 支払い どこで受ける?