資金を確保する方法があるか?

車検,費用,払えない

車検の期限が迫っているのに費用を確保できない、そんなピンチに陥ったときにはどうすればよいのか?払えないときの対処方法にはいくつかの選択肢が考えられます。

 

お金がないからといって期限の満了日は待ってくれませんから、何とか払える環境に持っていくことが第一、まずは資金調達をがんばってみましょう。

 

たとえば近いうちにお金が入ってきて資金を調達できるめどがある場合にはお金を借りるという方法もあります。

 

金融会社のローンが一番手軽ですが、まずは身近な人たちに相談してみましょう。

 

車検の代金に使うから、と目的を明確にしておけば家族や友人も貸しやすいのではないでしょうか?

 

業者に依頼した場合の代金は7〜10万円くらいのが相場ですから、ひとり2万円で4人から借りることができればOKということになります。

 

またはローンなどの支払いを1ヵ月待ってもらってその金額を回す、という方法もあります。

 

もちろんこれは次の月に返済するお金が入ってくることが前提の方法です。

 

資金を確保できない場合には?

こうした方法で資金が調達できずに払えない場合には支払い方法を検討してみましょう。

 

車検の代金の支払いは原則として前払いですが、業者によっては現金一括だけでなくさまざまな選択肢を用意している場合もあります。

 

クレジットカードでの支払いのほか、分割払いも可能です。

 

この分割払いはローンを利用して返済する形になるので金利がかかりますが、検査当日にお金が確保できなくても大丈夫なのでなかなかよい方法です。

 

ほかにもリボ払い、ボーナス一括払いなどもあるので今後お金がどれだけ入ってくるか、どれだけ調達できるかを踏まえたうえでよい方法を検討してみましょう。

 

ただ2年ごとに検査を受けるわけですから、あまり多い回数で分割払いをするとやっと返済が終わったと思ったらすぐに次の代金を調達しなければならなくなるので気をつけたいところです。

 

このように当日に代金を確保できない場合でもなんとか検査を受けられる方法もあります。

 

経済事情が厳しい人はあきらめずにいろいろと対策を検討してみるようにしましょう。

車検費用を払えない時の対処法をご紹介!

車検の期限が目前に迫っているのに車検費用が払えないから、車検を受けることができない。

 

そんな時の対処法について、いくつか紹介したいと思います。

 

1.車検費用が貯まるまで待つ
 車検は、期限までに受けなければ罰則があるわけではありません。なので、車検が切れたまま車検費用が貯まるまで放置すれば良いです。
 注意しなければならない点は、車検が切れた後に公道を走ると罰則対象になりますので、実質的に車検を通すまで乗る事はできなくなります。
 なので車検場や車検業者に行くためには、仮ナンバーの申請をしなければなりません。

 

2.分割払いの交渉をする
 良心的な業者であれば、分割払いに対応してくれる所もありますので、交渉してみてはどうでしょうか?
 もちろん、どこでも分割にしてくれるわけではありませんし、初めて利用する業者である場合は、信頼関係もないので、断られる可能性が高いです。

 

3.クレジットカードで支払う
 クレジットカードで支払う事ができる車検業者もありますので、とりあえず支払いは1ヶ月の猶予ができます。リボ払いができれば、実質的に分割払いになりますね。
 注意点は、リボ払いなどは、金利を払わなければならなくなるので、結果的に支払い総額が高くなってしまいます。

 

4.キャッシングを利用する
 クレジットカードの利用とあまり変わりませんが、クレジットカードでの支払いができない業者で車検を受ける場合の手段ですね。
 もちろんですが、支払いの目処がある場合に限ります。

 

5.車を売却する
 最終手段と言えるかもしれません。思い切って売却してしまうという手があります。
 車検を通せないのなら、乗れなくなるので売ってしまおうという事ですね。
 ただ、ローンが残っている場合は、勝手に売る事はできないので、注意が必要です。
 ローンの支払いが終わっているなら、売却で得た収入を頭金に新たに車を購入するという手段もありますね。

 

いくつか紹介しましたが、どれもメリット・デメリットがありますので、自分に合った方法をよく考えて見て下さい。

トップへ戻る