車検ローンは低金利が魅力

車検ローン,金利

車検を受けるためにはまとまった現金が必要となります。

 

どうしても用意できない場合ではクレジットカード払いをするというやり方もありますが、車検ローンを組んでそのお金で車検を受けるという手もあります。

 

 

車検ローンは自動車ローン

 

車検ローンといっても正式な名称ではありません。実は新車を購入する時に使う自動車ローンと同じものであることが多いのです。

 

自動車ローンは何も新車を買う時だけに使えるものではなく、車検の他にパーツ購入代金や点検費用、修理費用などにも使うことができるのです。

 

ローンといえばカードローンといったものの方が手続きも簡単ですし、スピーディーな対応をしてくれるので車検に使うにはいいのかもしれませんが、たとえば20万円ぐらいかかる車検費用をそっくり借りたとしても、カードローンだと金利が高く、消費者金融系で18%程度、銀行系で14%ぐらいの利息を取られます。

 

しかし、いわゆる車検ローンでは、使用用途を証明する書類が必要ですし審査も厳しくなるものの、高くても8%程度といった具合でかなり安く済みます。

 

額が少額ですので利息にそれほど違いはないのですが、払わないで済むものだったらない方がいいわけです。

 

車検のために自動車ローンを組むには前もって使用用途、使用金額を証明する書類が必要になります。

 

そのために車検を受けるところに連絡して見積書を取っておく必要があります。

 

その時に多少高めの金額にしてもらうことをおすすめします。

 

車検というものは見積もり通りに行くこともありますが、実際に車体を見てどうしても直さなければならない部分、交換しなければならない部品などが出てくる可能性があり、その金額を後からローンに組み込むということができないからです。

 

車検ローンを契約して借りるお金は一度も自分のところにはきません。

 

ローンを組んだ銀行などから自分名義で直接、車検を行った業者の口座に振り込まれる形になるので、契約してしまったら後から金額を調整することができないのです。

 

なので、少し多めに借りておいて、多い分は返金をしてもらい、その分をまとめて先に返済すればいいのです。

トップへ戻る