車検はいつからいつまでに受ければ良い?

自動車のフロントガラスには、次回の車検満了日が印刷された小さなシールが貼られています。

 

このシールは検査標章と呼ばれ、フロントガラスに必ず貼り付けることが、法律で義務付けられています。

 

もしこのシールを貼らずに運転すると法令違反となり、50万以下の罰則を受けることになります。

 

新車の場合は登録日から数えて3年後、それ以外は2年ごとに車検を受けることが法律で義務付けられています。

 

また貨物車など車種によって車検が1年ごとに定められているものがあります。

 

車検満了日までの期間については車検証に記載されていますので、1度確認してみることをおすすめします。

 

車検は、満了日の1か月前から受けることができ、次回までの車検有効期限が短くなるわけではありません。

 

車検は1か月以上前でも受けることは可能です。

 

ただしその場合は、継続ではなくなるため、車検を受けた日から2年間が車検有効期間となりますので、注意が必要です。

 

つまり、仮に車検まであと半年残っていても車検が受けられますが、半年分の有効期間は消滅してしまうことになります。

 

反対に有効期限が過ぎてしまった場合でも、車検を取ることはできますが、その車で公道を走ることはできません。

 

走ってしまうと、違反切符や罰則が課せられます。

 

まずは、お住まいの市区町村役場で所定の手続きをしてください。

 

その場で仮ナンバーを取得することができます。

 

取得した仮ナンバー(赤い斜め線の入ったナンバープレート)を取り付けてから、車検場などへ向かいましょう。

トップへ戻る