車検を受けないとどうなる?

車検が切れてしまった車は、そのままの状態で車を運転すると道路交通法違反となり検挙されてしまいます。

 

しかも無車検走行の罰則は非常に重く、6か月以下の懲役もしくは20万円以下の罰金が科せられます。

 

違反点数は6点となり免許停止の処分を受けることになります。

 

さらに自賠責保険を更新しない場合は無保険走行となり、6か月以下の懲役もしくは5万円以下の罰金が科せられることになります。

 

同時に違反点数もプラス6点となり、この場合も免許停止の処分が下されます。

 

仮に無車検無保険走行で検挙された場合、最高で25万円以下の罰金となり違反点数は12点となり90日間の免許停止処分が科せられます。

 

刑事罰として罰金刑を受けるとそれだけで車検費用を大幅に上回ることになり、しかも免許停止の処分になるためしばらくの間、車を運転することすらできなくなってしまいます。

 

こうしたことを考えると、有効期間を確認し車検を受けることの方が、かえって安く済むことになることが分かります。

 

またうっかりしていて車検が切れてしまった場合は、その車を運転せずに、整備工場に連絡をして車検を通してもらうようにしてください。

 

整備工場では、車両運搬車での車の搬入ができます。

 

もし自分で運転して搬入しなければならない場合は、仮ナンバーの取得手続きを行ないます。

 

この場合は、手続きが複雑になりますが、その場で仮ナンバーを受け取ることができます。仮ナンバーにも期間があるため、期間内に車検取るようにしましょう。

トップへ戻る