ユーザー車検における予備検査とは

車検費用を少しでも浮かすため、ユーザー車検を選ぶ方は決して少なくありません。

 

法定費用のみを支払えば良いことから、車検代を半分程度に抑えられる場合もあります。

 

しかし、ユーザー車検は難易度が高く、全ての検査をドライバー自ら実施しなくてはいけないのが欠点です。

 

一つでも検査に不合格となった場合、自分で調整などを行わなければいけません。

 

このため、車検を受ける前に予備検査を利用する方も中にはいます。

 

予備検査とは、ユーザー車検を受ける前に行う任意検査です。

 

必須の検査ではなく、利用するかどうかはあくまでユーザー次第となります。

 

民間の整備工場や予備検査場などがサービスを提供しており、車検とほぼ同様の検査を行えるのが特徴です。

 

ユーザー車検は、検査で不合格になることも決して珍しいものではありません。

 

しかし予備検査を受けておけば、本番で不合格になるリスクを緩和できます。

 

有料のサービスではありますが、ユーザー車検を検討中なら検査を受けてみるのも良いでしょう。

 

費用は業者によって変わるものの、数千円程度で利用できるのが一般的です。

 

検査自体は工場・検査場の整備員やスタッフが実施し、不具合などがあっても全てスタッフが調節してくれます。

 

予備検査では様々なテストが実施されます。

 

主に行われるのは、排ガス測定、ライトの角度・光量の確認とテスト、スリップ・ブレーキ測定、スピードメーター検査などです。

 

いずれもユーザー車検で検査される項目ですが、本番で不合格になるリスクを軽減するため、本番とほぼ同様の検査を受けられます。

 

このように、ユーザー車検の予備検査は様々なメリットを持っていますが、予備検査場によっては予約が必要な場合があります。

 

また、時期によっては予備検査場が一杯になり、予約が取れないこともあるので注意しましょう。

 

予備検査を希望する方は、事前に検査場の場所をチェックし、予約の有無や費用の確認をしておくことをおすすめします。

トップへ戻る