2年に1回の法定整備点検

車検,1カ月前

新車を購入した場合には、最初の車検は3年後ですが、それ以外の場合には2年ごとに法定整備点検が義務付けられています。

 

これは自動車が安全に走行できることを確認するための検査で、一度受けると有効期限は2年間となります。

 

そして、この有効期限が切れる1カ月前から更新整備を受けることができるわけですが、うっかりしていると受け忘れて有効期限が切れてしまうので注意しなければいけません。

 

この法定整備では、パーツごとに基準が設けられていて、そのすべてにパスすることが必要です。

 

もしも基準を満たさずにパスできなかった場合には、整備やパーツ交換などの対応をした上で、再度検査を受けることになります。

 

自動車は年式が古くなったり走行距離が多くなったりすると、どうしてもパーツの劣化や耐久性に問題が出てしまうため、検査にパスするために必要な整備も多くなりますし、交換が必要なパーツも増えてくるものです。

 

そのため、できるだけ日数には余裕を持って車検に出すことをおすすめします。

1カ月以上前にできること

車検の有効期限は、車検にも記載されていますし、車のフロントガラスに貼られているステッカーにも記載されています。

 

車を実際に検査場に持ち込んで検査を受けるのは1カ月前〜有効期限までの期間ですが、それよりも前にできることもあります。

 

ギリギリになって焦らないためには、1カ月以上前にできることから少しずつ始めるのが良いでしょう。

 

まずチェックしておきたい点は、どんな整備が必要になるのかという点をチェックして、パーツ交換な部分は事前に交換しておくとか、整備が必要な個所はしっかり整備しておくという点です。

 

そして、いつでも検査に通る状態にしておけば、有効期限が切れる1カ月前になっても焦らずにサッと検査にパスできるでしょう。

 

また、どの業者に代行してもらうのかという点も大切なポイントです。

 

それぞれの業者ごとにサービスや代行料金、整備料金などが異なりますし、代車の有無などのサービスも異なります。

 

そのため、時間に余裕を持って複数の業者を比較検討し、予約を入れておきたいものです。

 

実際に検査場に自動車を持ち込んでの検査は1カ月前からとなりますが、その前に予約を入れることはもちろん可能です。

 

また、有効期限が切れる1カ月以内に車検を受ける場合なら、更新という形になるので費用面で損をすることがありません。

 

その点は安心してください。

トップへ戻る