車検をしないとどうなるのか

車検,しないとどうなる

まず車検は強制、必須ではないという事を頭に入れておいてください。車検を受けたくなければ受けなくてもいいですし、受けたかったら受ければいいだけのことです。

 

しかし、公道を走るという目的があり、登録をしている場合は話は別です。

 

車検を受けて自動車重量税を納めて、自賠責保険料を払って、公道を走る権利を得なければなりません。ですからこの場合は必須です。

 

 

車検を受けないということは公道を走れないということ

 

車を購入して公道を走らないという方は、モータースポーツや私有地内で使うといった特殊なパターンを除いてほとんど無いでしょう。

 

そうなるとほとんどの方が車検を受ける必要があるということになりますが、もし車検をしないで公道を走るとなるとどうなるでしょうか。

 

まずは道路交通法、道路運送車両法という法律面から言うと、無車検運転ということで行政処分と刑事罰が科されます。

 

行政処分は最低でも6点の反則点数となり、刑事罰は6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金となります。

 

次に自動車損害賠償保障法の面から見ると、これも同じく行政処分と刑事罰が科されます。

 

自賠責保険も切れた状態で運転したということで、行政処分として6点の反則点数と1年以下の懲役または50万円以下の罰金といった刑事罰が下されます。

 

これだけでも反則点数12点となりますので、免許停止処分は覚悟の上、繰り返し行った場合などは免許取り消し処分となりますし、罰則は反則ではなく刑事罰となりますので、自分の経歴に「前科」というレッテルが張られることになります。

 

そしてあまりにも悪質ですと罰金刑でなく、懲役になる可能性が高くなりますので、交通刑務所に収監されることにもなるでしょう。

 

そしてもう1つ、自動車重量税法によって自動車重量税が未納ということにもなり、脱税行為と同じとされ、督促や差し押さえなどが行われます。

 

このように車検を通していないだけで、最低3つの法律に抵触し、刑事罰を含めたこれだけの罪状が付くわけですから、車検をしないとどうなるなどと考えずに素直に車検を受けた方がいいでしょう。

トップへ戻る