車検証を無くすことがあった時の再交付方法は?

車検を受ける際に必要となる書類として、車検証・自動車納税証明書・自動車損害賠償責任保険証明書などがあります。

 

そこで車検を受ける準備として書類を確認した時に、車検証を無くすなど書類の紛失に気付くこともあります。

 

車検証を無くすと車検を受けることができなくて困りますが、それ以上に問題になるのは、紛失に気づかず車に乗っていると道路交通法違反になって減点や罰金などの罰則を受ける事になることです。

 

では、このように車検証を無くすなど車検に必要な書類を紛失した場合には、どうすれば良いのでしょうか?

 

車検証が不備のまま走行していると先に述べたように道路交通法違反になるので、車検に関係なく速やかに再発行する必要があります。

 

車検を再発行する方法としては、代行業者に依頼する方法と自分で申請する方法があるので、万が一の時のためにも知っておくと役立ちます。

 

代行業者に依頼する場合には、必要書類を揃えて代行業者に依頼するだけですが、再交付申請費用と代行料金がかかります。

 

再交付申請費用は数百円と安いですが、代行料金に関しては依頼先で異なるため、安くお願いする場合には車検を依頼する整備工場やよく利用する車屋に代行してもらうと良いでしょう。

 

再交付申請に必要となる書類は、車の使用者の委任状と使用者の認印がある理由書です。

 

自分で車検証を再発行する場合は、ナンバーの管轄する陸運局に行って窓口で申請書を購入のうえ、作成します。

 

再交付申請手数料については印紙で支払うことになります。

 

作成した申請書・手数料納付書と共に必要書類を窓口に提出して、不備がなければその日のうちに車検証は交付されます。

 

もし直接車の使用者が手続きに行けない場合には、委任状と理由書をネットなどでダウンロードし記入して代理人に行ってもらうことになります。

 

ただし、自治体によって書類の書式や手順に違いがある時には、再交付を依頼する陸運局の指示に従う必要があります。

 

陸運局は平日のみの手続きなので、多忙な方や平日行けない方は自分で申請するよりも代行業者に依頼する方が良いです。

トップへ戻る