車検と同時に住所変更する方法と必要書類

引越しなどによって住所が変わることは決して珍しくありません。

 

住所が変わった場合は各種届けを出したり、免許証やクレジットカードの住所変更を行うなど、様々な手続きをしないといけませんが、忘れてしまいがちなのが車検証です。

 

引越しから15日以内の変更が定められており、引越し後は早めの手続きが必要です。

 

では、引越しと車検の時期が重なった場合、同時に住所変更することは可能なのでしょうか。

 

実は車検を受けると同時に記載住所の変更を行うことは可能です。

 

車検証は自分で運輸支局などへ出向き、住所変更するのが一般的です。

 

この場合は同時手続きが不可能で、車検を受けた後に手続きをしなくてはいけません。

 

しかし車検を申し込む際にディーラーや業者へ依頼すれば、住所の変更手続きを代行してくれます。

 

車検と合わせて記載住所を変更するなら、業者へ相談してみると良いでしょう。

 

ただし、運輸支局などの管轄地域が変わった場合は、ナンバープレートも変わる点に注意が必要です。

 

新しいナンバーを発行してもらい、その後住所変更を行わなければいけません。

 

このため、自分で運輸支局・軽自動車検査協会へ行きナンバーの手続きをするか、業者に代行してもらいましょう。

 

車検証の住所を変更する際には住民票(新住所で発行から3ヶ月以内のもの)、車庫証明(発行から1ヶ月以内のもの)、委任状が必要になります。

 

委任状は業者が用意してくれる場合があります。

 

住民票は市区町村役所、車庫証明は管轄の警察署で取得できます。

 

これらの書類は車検を受ける前に用意が必要です。

 

もし所有者と使用者が異なる場合、どちらの住所を変更するか間違えないように注意しましょう。

 

どちらか片方のみ変更する際は、使用者または所有者の委任状が必要です。

 

いずれかの住所を変更する時も、所有者か使用者の住民票が必須となります。

 

住所と同時に結婚などで姓が変わった場合、別途必要な書類が増えますので、車検を依頼する業者に相談してみましょう。

トップへ戻る