車検が通らない車はどうする

車検が通らない車

車検に出したはいいが、車検に出した業者から車検を通すことができないといわれることがあります。

 

車検が通らない車にはいろいろな理由がありますが、ほとんどの場合は車体が保安基準に適合していないことによるものとなります。

 

 

車検に通らない車体

 

車検を通す・通さないの判断は、保安基準というものに照らし合わせて行われます。

 

保安基準で指定された形状、寸法、許容範囲から少しでも逸脱すると車検を通すことができません。

 

過去には認定工場自らが判断を下し、保安基準に適合していなくても陰ながらクリアさせてしまうといった悪質業者がありましたが、現在ではそれを行うだけでその業者に厳しい罰則が与えられることになりましたので、かなり少なくなってきました。

 

いずれにせよ、保安基準に適合していないものは車検をクリアすることはできません。

 

よくあるのがタイヤのはみ出し、ヘッドライトの色あい、エアロパーツの突起、マフラーの音量や出っ張り具合、最低地上高を確保できないほどのシャコタン、灯火類の点灯個数と位置といった、確実にオーナーが後から手を加えたもので、その場で調整することができないものばかりです。

 

 

直すしかない違法改造

 

保安基準に適合せず、車検をクリアできない状態というのはいわゆる違法改造ということです。

 

違法改造である以上をそれを直さなければなりません。

 

ノーマルのパーツがあるのであれば、それに付け替える、なければ買うしかありません。

 

取り外せるものは取り外す、調整できるものは調整しておく、これしか方法はありません。

 

中には灯火類など点灯することで保安基準に適合しなくなる場合は、その灯火類につながる配線をカットするなり、コネクターを外すなりして点灯しない状態にするだけで大丈夫なので、すべてを取り外すまで必要がない場合もあります。

 

ちなみに違法改造車を正常な状態に戻すことはディーラーなど一部の業者ではできないことになっているので、一度持ち帰って直してからまた再度車検にチャレンジすることになります。

トップへ戻る