車検でリサイクル券は必要?

2005年1月に施行された自動車リサイクル法は、車のリサイクルに関する要項を盛り込んだ法律です。

 

この法律の施行により、新車を購入する際や車検を受ける際、リサイクル料金を支払うことが義務づけられています。

 

リサイクル料金(預託金)を支払うとリサイクル券が発行され、廃車など一部の手続きを行った場合に料金が返還されます。

 

リサイクル券は、リサイクル料金を支払ったことの証明書となる書類です。

 

保管が重要な書類ですが、実は車検を受ける時には必要ありません。

 

現在は新車購入時にリサイクル料金を納めるため、リサイクル券が無くても車検を受けることは可能なのです。

 

万が一紛失してしまった場合でも、再度料金を納める必要がありません。

 

リサイクル料金納付の有無はデータベースに記録されています。

 

このため、もしリサイクル券を無くしてしまったとしても、データベースを参照すればすぐに分かることから、紛失しても車検を受けることに影響は無いのです。

 

ただし、車検業者から再発行を求められる場合もあります。

 

もし再発行が必要な場合、早めに手続きをしておきましょう。

 

リサイクル券の再発行は簡単です。

 

自動車リサイクルシステムのサイトから検索すれば、リサイクル券を自宅のプリンターで印刷できます。

 

このプリントアウトしたものが代用書類となるため、提出が必要な際に備えておくと良いでしょう。

 

検査場によっては、再発行用の端末が設置されている場合もあります。

 

車検業者に再発行を依頼する方法もありますが、手数料を請求される可能性があるので注意しましょう。

 

車検を受ける時にはリサイクル券が不要です。

 

抹消登録(廃車)手続きをする際や、売却時に必要な書類なため、車検とはほぼ無関係と言って良いでしょう。

 

しかし、料金預託を証明する書類となりますので、車検証などと一緒に保管しておくことをおすすめします。

 

再発行は簡単ですが、少し手間が増えてしまいます。

 

なるべく無くさないようにしましょう。

トップへ戻る