車検のお知らせは来るの?

車検,受付,いつから

ディーラーなどで自動車を購入した場合には、車検の有効期限が満了となる1カ月前より少し前ぐらいの時期に、お知らせを受け取ることがあるかもしれません。

 

しかし、それはディーラーなどのショップが独自に行っているサービスの一環なので、陸運局や自治体、また購入したカーショップなどからお知らせが必ず来るというわけではありません。

 

そのため、お知らせが来ないからまだ大丈夫だろうと安心しているうちに、気づいた時には切れていた、なんて悲劇が起こる可能性はあるのです。

 

いつまで有効なのかについては、車検証にも記載されていますし、フロントガラスに貼っているステッカーにも明記されています。

 

自己責任としてきちんと確認し、有効期限が切れてしまう前に更新整備を受けるようにしましょう。

検査を受けられるのは1カ月前からですが

陸運局の検査場に車を持ち込んで法定整備点検を受けることは、法律上はいつでも可能です。

 

しかし、検査を受ける際にはいろいろな費用が掛かりますから、損をしないためにベストのタイミングで受けるのが理想的と言えるでしょう。

 

そのベストなタイミングは、有効期限が切れる1カ月前〜有効期限までの1カ月間です。

 

実際に検査場に車を持ち込んで法定検査を受けるのは1カ月前からOKですが、それよりも前に検査日の予約を入れたり、事前に整備や点検を受けたりする作業は1カ月前よりも早くてももちろん可能です。

 

業者ごとにいつから予約の受付を行っているかという点はケースバイケースですが、希望する検査日よりも2カ月ぐらい前なら受付可能な所が多いので、特定の業者に依頼したいという人は、その業者に早めに相談することをおすすめします。

 

人気が高い業者や代車を希望するような場合には、ギリギリになると希望通りに受けられない可能性がありますし、代車も出してもらえない可能性があります。

 

できるだけ早めに準備をすることが、満足度の高い車検を受けることにつながります。

うっかり有効期限が切れたらどうする?

有効期限がうっかり切れてしまったら、残念ながらその状態で公道を走ることは道路交通法によって禁止されています。

 

その場合の手続きなども業者に丸投げして代理で依頼することは可能ですが、費用が高くなりますし、車検の場合には早めに準備を始めていれば避けることができる無駄な出費になってしまいます。

 

そのため、そうならないようにできるだけ早めに準備を始め、業者にもいつから予約を受け付けているのかを確認し、できるだけ早めに予約を入れてしまうのが安心です。

トップへ戻る