車検に必要な書類を紛失したらどうする

車検,書類,紛失

車検を受けるにはいろいろな書類が必要となりますが、もしそれらの書類をなくしてしまったらどうしたらよいでしょうか。

 

基本的にどれも再発行ができるようになっています。

 

しかし、それぞれに書類は管轄が違いますので申請はそれぞれのところでのやり方で行わなければならず、すぐに発行してくれるところ、それなりに時間のかかるところというものがありますので、何にしても早い段階から動き出さなければ間に合わなくなる可能性があるでしょう。

 

 

車検証の紛失

 

車検証をなくしてしまった場合ですが、手続き先は、管轄の運輸支局、要するにナンバープレートに書かれている地名を管轄とする車検場に併設するところに行って、そこに用意されている再交付申請書と印紙を貼った手数料納付書を作成し、免許証などの身分証明書を添えて、申請を行います。

 

再発行された車検証はその場で少し待てば手にすることができます。

 

費用は300円となりますが、代書屋などを利用すると別途、費用が掛かります。

 

 

自賠責保険証書の紛失

 

自賠責保険は国の管轄ではなく、あくまでも損害保険ですので再発行先は各損害保険会社となります。

 

自分が加入している自賠責保険の損害保険会社にまず連絡を入れて、再発行の旨を伝えます。

 

ここで郵送による手続きが可能な場合は、それに従って行いますが、そうでない場合は損害保険会社の支店まで足を運ばなければなりません。

 

必要なものは身分証明書と印鑑、そして損害保険会社に用意してある再発行申請書に記入捺印をすれば完了です。

 

新しい証書は郵送にて送られてくるので、手にするまでに1週間ぐらい時間がかかります。

 

費用は基本は無料です。

 

 

自動車税納税証明書の紛失

 

自動車税の納税証明書は、納税する時に使った納税通知書の半券になるのですが、領収書と間違えてなくしてしまった場合は、都道府県税事務所で再発行してもらいます。

 

 

車検用といえば無料で再発行してくれますので、取りに行く場合はその場で、郵送の場合は1週間程度時間をとるといいでしょう。

トップへ戻る