ディーラー車検を行う時に必要なもの

車検,必要なもの,ディーラー

費用はともかく、一番安心して車検を受けることができるのは、やはりディーラーではないでしょうか。

 

新車購入や、定期点検やちょっとした修理などを行うために何回も足を運んでいるところですので、人間的にも安心できますし、仮にも自動車メーカーから認められたディーラーですので、整備の腕も確実でしょう。

 

ディーラーで車検を受ける時にもっていくもの

 

ディーラーで車検を受けるからといって特別何かが必要というわけではありませんが、逆に代行をしてくれる場合がありますので、車検専門店などで行う車検より用意するものが少なくなることはあります。

 

まず必要になる書類ですが、基本的なものとして自動車検査証いわゆる車検証、これは携行が義務付けられているのでグローブボックスなどに入っていることでしょう。

 

それから自賠責保険証明書、これも車検証と同じように携行が義務付けられているのでグローブボックスにあるはずです。

 

それからこれは家から持ってこなければならないかもしれませんが、その年度の自動車税納税証明書です。

 

これは一般的にはコンビニや郵便局などで自動車税を払った時に返してもらう収納印付の半券となりますので、家のどこかにあるでしょう。

 

もしなくしてしまったり分納手続きをした場合は、あらかじめ都道府県税事務所に連絡を入れて納税証明書を取得しておく必要があります。

 

それとこれは直接車検に関わるものではないのですが、車に備え付けておくものとされている整備点検簿も用意しておく必要があります。

 

ディーラーですと一応確認しますので、ない場合はこの時についでに購入しておくといいでしょう。

 

それ以外にも実際には継続検査申請書や自動車重量税納付書といったものが必要になるのですが、ディーラー側がすべて作成してくれますので用意する必要はありません。

 

書類以外に必要なものとして認印が必要です。売却の時のように実印までは必要としません。

 

そして最後に車検にかかるお金が必要となります。

トップへ戻る