車検でタイヤ交換が必要な場合とは?

車を車検に出すと、車検業者からタイヤ交換を勧められる場合があります。

 

しかし、タイヤ交換は数万円程費用がかかるため、ためらってしまう方が多いのではないでしょうか。

 

車検代が高く付いてしまう原因になりますし、本当に必要なのかと疑問が浮かんでしまう場合もあります。

 

車検と同時にタイヤを交換するべきか否かですが、タイヤの溝の残りによって判断するのが良いでしょう。

 

車検はタイヤの溝がどの程度残っているかチェックし、スリップサインが出ていると車検に合格できない場合があります。

 

このため、スリップサインが出ている場合は交換を検討しましょう。

 

もし車検業者に指摘された場合は交換したほうが良いと言えます。

 

スリップサインは、1カ所でも出ていると注意が必要です。

 

タイヤの溝がすり減っているサインのため、ほとんどの場合は交換が必須となります。

 

また、車検を受ける前にタイヤサイズを変更している場合、メーター検査などで不合格となる可能性があります。

 

タイヤサイズは規定の範囲内に収まっていないといけないため、もし規定より大きかった場合は、タイヤ交換が必要になります。

 

車検に通らないことも珍しくありませんので、タイヤのサイズが大きいため交換が必要、と業者に言われたら応じるようにしましょう。

 

しかし、車検時のタイヤ交換費用は少し割高になる場合もあります。

 

車検業者によって異なりますが、4本全て交換して10万円近くかかることもあるため、出費を抑えたい方は注意しておきましょう。

 

少しでも安く済ませるなら、事前にタイヤ交換を済ませておくことをおすすめします。

 

カーショップなどへ行けば交換可能です。

 

事前交換したほうが工賃が安く済む場合もあります。

 

車検はタイヤの溝などをチェックしているため、車検を受ける前に点検しておくと良いでしょう。

 

事前に確認しておけば、タイヤ交換が必要かどうか判断できます。

 

タイヤが車検に影響して不合格になると、費用が高く付いてしまうため、なるべく点検しておきましょう。

トップへ戻る