ディーラーの車検は一般的に割高

ディーラー,車検,見積もり

定期的に行わなければいけない車検は、できるだけしっかりした点検をしてくれる所で安く済ませたいものです。

 

車を購入したディーラーなどで受けることは可能ですが、料金的にどうしても割高になってしまうことが多いというデメリットがあります。

 

正規販売店で車の点検を受けることは、純正のパーツを使って修理してもらえるという点や、整備の質が保証されているという点などで大きな安心感がありますが、品質の高い車検をできるだけ安く受けるためには、どんなポイントに注意したらよいのでしょうか?

まずは試験的に民間業者から見積もりを取ろう

車検にどのぐらいの費用がかかるかは、多くの業者で無料で出してもらうことができます。

 

一般的には民間業者からの見積もりの方が正規の販売店よりもリーズナブルな料金設定になっていることが多いので、まずは民間業者から見積もりを出すことをおすすめします。

 

定期的な点検作業にかかる費用は、法定費用として自動車重量税や印紙代、自賠責保険など誰が行っても必ずかかる費用以外に、点検費や代行手数料などがかかります。

 

安い見積もりを出してくれる業者は、この手数料の分が低く抑えられているわけです。

 

具体的に、点検費や代行手数料がいくらぐらいになるのが相場なのかという点ですが、ディーラーに依頼する場合だと軽自動車で7万円程度、ミニバン車種になると11万円程度かかるのが一般的なのに対し、民間業者の場合には軽自動車で4万円〜5万円程度、ミニバン車種で7万円〜9万円程度が目安となります。

ディーラーからの見積もりと比較する

ディーラーで車検を受けることで大きな安心感があるという人なら、料金面では割高でも正規の所で受けるのが良いかもしれません。

 

しかし、信頼できる業者でリーズナブルな費用で受けられる業者を探したいという人は、複数の民間業者やディーラーなどから見積もりを取り、比較した上でどこに依頼するかを決めると良いでしょう。

 

メーカーごとの正規販売店で車検を受ける場合には、どの店舗に出しても一定レベル以上の基準を満たした点検をしてくれます。

 

こちらの店舗ではしっかり点検してくれるけれど、あちらはダメということはほとんどありません。

 

しかし民間業者の場合には、業者によって点検のレベルが異なるので、口コミなど実際にその業者を利用したことがある人からの感想を参考にしながら、どこで受けるか最終的に決めるのがおすすめです。

トップへ戻る