どこで車検を受けるべき?

車検はいろいろな所で実施しているため、特に初めて受ける時にはどこで受けるのが良いのかよくわからないという人もいるでしょう。

 

結論から言いますと、万人にとってベストの選択肢はありません。

 

車検のどの部分を重視するかによって選択肢は変わってきます。

 

まずとにかく信頼できる整備をお願いしたいのであれば、ディーラーが最も安心です。

 

そのブランドを背負って車検をしてくれますから、丁寧に車検をしてくれます。

 

そのメーカーの車種のメカニックを専門的に行っているスタッフが担当することもあって、しっかりとした整備が行えます。ただしかなり丁寧に整備を行いますから、車検にかかる費用は割高になることも理解しておきましょう。

 

民間整備工場もベテランのメカニックが担当をすれば、しっかりとした整備をしてくれます。

 

ただし質はピンキリのため、当たり外れがあります。

 

そこで特に最初に利用するときには、慎重に比較をすべきです。

 

もし車検費用を安く抑えることを優先するのであれば、ユーザー車検もしくは車検代行を利用すると良いでしょう。

 

こちらはほかのどの方法と比較しても、費用は安いです。

 

税金や自賠責保険の保険料といった法定費用に少しプラスアルファがかかるくらいです。

 

ただし点検のみとか、整備をしたとしても必要最低限の整備になります。

 

そこでいつまでも安全に自動車を運転するためには、常日頃から自分でもメンテナンスをする必要があります。

 

ちなみに車検専門のフランチャイズ車検の場合は民間整備工場だったところも多く、民間工場における車検とあまり変わらない内容の所もあります。

 

その他には、カー用品店車検とガソリンスタンド車検もあります。

 

よく行っているお店があれば、買い物や給油のついでに車検をお願いすることも可能です。

 

こちらも価格は安めに設定されています。

 

ただし整備の質や内容で比較した場合に、ディーラーや民間整備工場と比較すると一歩劣る傾向が見られます。

今度の車検はどこでやってもらう?車検業者の特徴と選び方

愛車の車検が近づくと、「今度の車検はどこでやってもらおうか」と考えるかもしれません。

 

なにしろディーラー、町の整備工場、ガソリンスタンドなど、色々な選択肢があります。

 

信頼できる整備工場が既にあればいいのですが、そうでない場合や引っ越してきたばかりの時などは困るでしょう。

 

車検は国が定めている基準に車が合っているかどうかをチェックするものなので、どこで実施しても基本的に内容は同じですが、それぞれの業者が持つ独自の特徴によって、価格やサービスに幅が出てきます。それぞれの特徴を見てみましょう。

 

ディーラーは、各メーカーを代表していますので、安全を担保するために、部品も悪くなったら代えるというよりは早め早めの交換を勧めてきますし、使う部品・消耗品は大抵メーカー純正品です。

 

安心感がある一方、車検の値段もそれに応じて高くなる傾向があります。

 

町の整備工場はディーラーと比べると価格設定は安く、部品も純正品だけでなく安い社外品やリビルト品(中古部品を整備・テストしたもの)などを利用し安く上がるようにしてくれるところが多いです。

 

一方、品質という面から見ると、各工場・整備士さんによってばらつきがあります。

 

ガソリンスタンドの扱う車検は概して安い価格設定ですが、そこで直接整備するというより大抵は別の整備工場に持ち込んで検査・整備を行なうので、話の行き違いやニュアンスが伝わりにくいなど、コミュニケーション的な部分で難しい場合が時にあるようです。

 

最近は大手カーショップのオートバックスやイエローハットなどでも車検を扱っていますし、コバックやホリデー車検など、選択肢は増えてきていてありがたい反面、どこがいいのか迷ってしまうのも確かです。

 

その点便利なのが車検見積りサイト。

 

一括で複数の見積り結果を出してくれるので、「リーズナブルであってもしっかり整備してほしい」、「近く売却予定なので車検だけ通ればいい」、「車の点検整備の時立ち会って一緒に確認したい」など、近場で希望に合う車検業者を手早く探せます。

 

ぜひ活用し、しっかり希望を聞いてくれて信頼できる車検業者を見つけてください。

トップへ戻る