車検をディーラーでやるメリット・デメリット

車を購入したディーラーで車検を受ける場合、メーカーならではのきめの細かいサービスが得られるというメリットがあります。

 

具体的なメリットのひとつは、自分たちの販売している車を知り尽くした、整備士によるチェックが受けられるという点です。

 

ディーラーに勤務する整備士たちは、自社ブランドの車に関する知識を徹底的に取りいれています。

 

また、定期的な講習や研修を通じて技術面での指導や教育を受けており、高いレベルの整備ができるよう訓練を受けています。

 

そのため、通常では見つけにくい不具合や故障の原因を見極めることができ、車が大きなダメージを受けるのを防ぐことができます。

 

また、保証やアフターサービスが充実していることも、ディーラー車検のメリットです。

 

延長保証や次回の車検までの点検整備、オイルの交換などのメンテナンスを、通常よりもお得な価格で提供するメンテナンスパックのサービスを提供しています。

 

ディーラーが提供する保証サービスは、エンジンなどの動力系統や電装品、足回りなど、いったん故障してしまうと修理代が莫大になる部分をカバーしてくれるため、万が一の費用負担を回避できるという点でも定評があります。

 

車の管理をすべてお任せしたいという方向けです。

 

デメリットは車検の値段です。他の整備工場に比べて車検費用が高い場合が多く、他社と見積もりを取るとその差に開きがあることに気づく場合が少なくありません。

 

ディーラー車検を依頼する際には、アフターサービスや保証、値段のバランスをトータルで考慮する必要があります。

高いというイメージがあるけれど…

車検,ディーラー

車検を受けるときにはいくつかの選択肢があります。

 

自分で行うこともできますし、業者に依頼する場合でも整備工場、カー用品店、車検専門店、さらにガソリンスタンドでも対応しているところもあります。

 

そんな選択肢の中でも評価が分かれやすいのがディーラーです。

 

自動車メーカーに依頼する場合にはメリットとデメリットの両方が大きく、人によってよいか悪いかの判断が異なってくることが多いのです。

 

そんなディーラー車検のイメージの中でももっとも広く浸透しているのが「料金が高い」点です。

 

ユーザー車検の倍以上、整備会社やカー用品店といった他の業者に依頼する場合に比べても2〜3万円程度は高いことが多く、とにかく「お金がかかる」イメージがあります。

 

メリットは?

一方よい点もあります。何しろ車のメーカーが対応するわけですから信頼性が抜群です。

 

悪質な業者はごく稀ですが、低料金を売りにしている業者の中には整備に十分な時間と手間をかけてくれないところもあります。

 

検査はクリアできるものの、万全な整備が行われている、とはいえない状態で返ってくることも多いのです。

 

その点ディーラーなら検査をクリアするのはもちろん、独自の点検項目を設定したうえで万全の状態で整備・メンテナンスしたうえで返ってきます。

 

これは長い間乗り続けて経年の劣化が気になる車であればあるほど大きな魅力になるでしょう。

 

また、サービス面が充実している点も魅力です。たとえば検査に出している間に代車を利用することができます。

 

しかもほとんどのディーラーでは無料で代車を用意してくれるので余計な出費をかけることなく車検に出している間も車を運転できるのです。

 

ほかにも万一後になってトラブルが生じたときに無料で対応してくれるアフターサービスも充実しています。

 

こうした魅力と料金の高さを天秤にかけたうえでディーラー車検は自分にとって向いているのか、どの程度の料金なら出せるのかをよく検討し、他の選択肢と比較したうえで判断してみるとよいのではないでしょうか。

トップへ戻る